2011年上半期 “勝手に”セレブゴシップ大賞!
いつでも世のガールたちが気になるのは、自分の体重とセレブのゴシップ!

というわけで、梅雨も早々に明け、2011年もあっという間に折り返しを迎えた今回は、2011年上半期のゴシップ特集をお届け。あなたはこの半年にどんなゴシップがあったか覚えてる?

それでは、2011年上半期☆お騒がせセレブ勝手に授賞式、始まりまーす。

【彼女が大“ブレイク”で賞】

受賞者:レオナルド・ディカプリオ&ブレイク・ライブリー
現在進行形でゴシップ誌をにぎわしているのは、なんといっても独り身に返り咲いたレオ様とブレイク・ライブリーのカップル。

ブレイクはTVドラマ『ゴシップ・ガール』のセリーナ役で大ブレイク(ブレイクだけにね)。惚れこんだカール・ラガーフェルドがシャネルのキャンペーンミューズに選んだほどの美女。実は彼女、俳優一家の生まれなんだけど、まあ、ゲットした彼がうんと格上ってことは断言できるわね。ちなみに元彼は、同ドラマのダン役、ベン・バッジリー。地味だわ…。流出した自撮りヌード(ブレイクは否定)の送信先は、彼だったのかしら?

一方のレオ様はスーパーモデルのバー・ラファエリと5年もくっついたり離れたりを続けた挙句、破局。また復縁するかと思いきや、ブレイクと順調に愛をはぐくむ姿がヨーロッパで目撃されてるわ。これまでスーパーモデルとばかり付き合って、家庭的な子に縁がなかったレオ様。ブレイク得意の手料理に、すっかり胃袋をつかまれたってウワサ。

【コスプレ・ゴシップクイーン賞】

受賞者:レディー・ガガ
ちょっとみなさま、『徹子の部屋』ご覧になりました?
黒いゴミ袋みたいな玉ねぎ型の衣装に竜巻ヘアーで登場したガガ様。「日本好き」で知られる彼女だけに、番組を研究しつくしてきたことは間違いないわね。徹子も楽しそうでよかったわ。

ガガ様はゲイを熱心に応援したり、ロブスター型のマスクをかぶったり、エルメスのバーキンに「アイラブ スモール モンスター」って書いて登場したり、やることがいちいち奇抜だから大ウケ。お茶の間での知名度もグンと上がったみたい。

しかも今年、アメリカの経済誌『フォーブズ』のセレブ番付で堂々の1位を獲得。この1年で9000万ドル(約73億円)を稼いだんだって。こんなに儲かってるのに、東日本大震災のためのチャリティーバンド収益金を着服したのでは? というニュースが流れてびっくりしたけど、皆さんはどう思う? ちなみに、“着服”の噂は立ってもパンツは着けない主義なんだって。クールビズよね。

2

【隠し子似すぎで賞】

受賞者:アーノルド・シュワルツェネッガー
「パパと政治家は隠しごとが上手」って誰が言ったか忘れたけど、あのシュワちゃんが隠し子とはね。しかも息子のジョゼフくん似すぎ! シュワちゃんがDNA鑑定なしで認めたというのも納得のフェイスです。

母親は以前シュワちゃん宅で働いていた家政婦のミルドレッド・パティ・バイーナ。ミドレッドは「彼のベッドルームに毎日通ってる」、なんて生々しい自慢話をしていたとか。でも、ジョゼフくんと一緒に雑誌に載っちゃう割にはすんなり身を引いたし、「有名人と遊んだら慰謝料もらえてラッキー」くらいの感覚だったのかもね。

それにしてもシュワちゃん、いくら女癖が悪いといっても、才色兼備でケネディ元大統領の姪という完璧な妻マリアがいながら、なぜ浮気を!? 毎日フレンチ食べてたらお茶漬けが食べたくなるってやつ? コッテリしたお茶漬けのせいで離婚して、完全に人生の胃もたれを起こしたシュワちゃん、もうどちらにも「I'll be back」できなそう。

【パーティだめんず賞】

受賞者:チャーリー・シーン
全盛期は、“ザ・イケメン of アメリカ”って感じだったのに、今やドラッグのやりすぎで歯が全て抜け落ちてしまったチャーリー。1月に救急搬送されるきっかけとなったドラッグパーティで撮られた写真には驚いたよね。歯ナシで目が完全にイッちゃってるんだもの!!! この夜だけで、25000ドル分のコカインを注文していたという話。

彼、この時はポルノ女優を集めてドラッグパーティ三昧だったんだって。ゴシップ誌は彼を「人生に飽きた哀れな中毒者」に仕立て上げたいみたいだけど、どっこいポルノ女優が本当に好きなだけで意外と元気なんじゃないのかしら。そう思わなきゃ切なすぎるよね。
早くリハビリ施設から戻ってきてね。元妻デニス・リチャーズの手記出版、楽しみにしてるわ。

【ラブラブ童顔カップル賞】

受賞者:ジャスティン・ビーバー&セレーナ・ゴメス
お口直しに爽やかな話題。アメリカのナンバーワンアイドル同士の熱愛は、2人ともカワイくて微笑ましいわ!

2人の関係は、ハワイ旅行でのラブラブっぷりがパパラッチされて発覚したの。さらに、ビルボード・ミュージック・アウォーズの授賞式でジャスティンがセレーナにキス! その後も交際を認めるような言動が続いているもんだから、ジャスティンの熱狂的なファン、通称“ビリーバーズ”は怒り狂っちゃった。呪うだの殺すだの、大騒ぎ!! セレーナのTwitterとFacebookのアカウントが乗っ取られるなんて事件も。それでもめげないあたり、さすがトップアイドルだよね。

ちなみにジャスティンは『フォーブズ』誌のセレブ番付で、去年のランク外から今年は3位にランクイン。17歳にして5300万ドル(約43億円)の総収益だって。お金持ちね。

【貫禄つきすぎで賞】

受賞者:マライア・キャリー
元々ムチムチしてたけど、双子の妊娠で超ビッグボディになったのがアメリカの歌姫マライア・キャリー。父親は歌手で俳優のニック・キャノンよ。

アメリカの芸能誌『Life&Style』の表紙を飾った妊娠ヌードはきれいに撮れてたけど、パパラッチされた普段の姿はまるでお相撲さん! CG技術の進歩を見せ付けられたよね。そして無事、結婚記念日付近の4月30日に男女の双子を出産したらしいわ。2年前に流産して以来、待望のご懐妊だったみたい。

ビッグボディだろうがなんだろうが、本人が幸せならそれが一番。マライア、おめでとう!!

【ビクトリアには頭上がらないんで賞】

受賞者:ビクトリア・ベッカム
同じおめでたでも、こちらはいつもと変わらずクールなデイビッド&ビクトリア・ベッカム。アメリカ時間の7月10日午前7時55分、ロサンゼルス市内の病院で、第4子にして初めて待望の女の子を授かってとっても喜んでいるそうよ。おめでとう!

そんな幸せ絶頂のカップルに水を差すわけじゃないけど、ちょっと前まではデイビッドもレベッカ・ルース嬢との浮気がバレて大変な状況だったはず…。まるでデイビッドが、ボス犬の機嫌をとるチンピラ犬に見えたものよね。

でもいまは、ビクトリアの携帯電話の待ち受けは、ヌードでベッドに横たわるデイビッドの写真なんだって。ひょっとして、これも浮気予防策なのかしら?

さて、長男ブルックリン、次男ロメオ、三男クルーズときて、リトル・ビクトリアの名前はなんと、ハーパー・セブンちゃんに決定! さすが、ピリッと“スパイス”の効いた名前ね。

【社会派めざしてるで賞】

受賞者:アンジェリーナ・ジョリー
『フォーブズ』が発表した、最近1年間で最も稼いだハリウッド女優のトップに輝いたアンジー。収入は推定3000万ドル(約24億円)ですって。今年12月にはアメリカで監督デビュー作『In The Land Of Blood And Honey(原題)』が公開される予定。内戦、宗教、恋愛を題材にした重〜い内容らしい。これでますます稼いじゃうのかしら。

ジェニファー・アニストンから奪った夫のブラッド・ピットともラブラブだし、順風満帆の人生ね。でもアンジー、最近なんだか社会派すぎて、ゴシップが足りないんじゃない?彼女の元夫、『トレインスポッティング』のジョニー・リー・ミラーと、 ビリー・ボブ・ソーントンのブっ飛んだキャラに比べて、ややおとなしめのキャラのブラピ。アンジーにストレスが溜まってなきゃいいんだけど…。

20世紀に一世を風靡したおじさまスターと、数年前はまったく無名だったニューカマーが注目を集めた2011年上半期。下半期は引き続き、ガガ様とレオ様&ブレイクカップルが活躍しそうな予感。どんな話題を提供してくれるか、今から楽しみだわ!

(イラスト:苗村さとみ、文・構成:中納礼)