初の『Google eBooks』対応電子書籍リーダー『Story HD』登場 iRiverが発売へ

写真拡大




Googleは、同社の電子書籍販売サービス『Google eBooks』に対応する初めての電子書籍リーダー『Story HD』を、韓国・iRiverから7月17日に発売することを発表しました。『Story HD』は、米小売りメーカー『Target』およびオンラインストアで139.99ドルで全米販売します。

iRiver Story HD
『Story HD』は、『Google eBooks』のコンテンツをダウンロードして読める電子書籍リーダー。パソコン経由で端末に転送する必要なくWi-Fiで『Story HD』に直接取りこめる点で、Barns & Nobleの『Nooks』やSonyの『Reader』など『Google eBooks』対応電子書籍リーダーと一線を画しています。

iRiver Story HD e-inkスクリーン薄型・軽量(207g)で、高解像度のe-inkスクリーン(6インチXGA、768×1024)とQWERTY配列のキーボードを搭載。昨年12月にスタートした『Google eBooks』に登録する250社以上の出版社から、数十万の有料コンテンツと300万以上の無料コンテンツを、検索でかんたんに探して購入して読むことができます。

Google eBookstore『Google eBooks』からダウンロードしたコンテンツはクラウドに保存され、『StoryHD』や『Nooks』『Reader』などの電子書籍リーダーのほか、パソコン上のウェブブラウザ、Android、iPhone、iPadなどのいずれの端末からもアクセス可能です。『Google eBooks』は、出版社、製造メーカー、小売業に対してオープンなプラットフォームで設計されています。今後、どんな電子書籍関連の商品が登場するのか、そして日本への上陸はいつになるのか楽しみですね。
 

■関連記事
ニコニコ動画で有名になった自称アイドル片桐えりりか 書類送検され全国的に有名に!
宮城の被災者が空港でワガママ放題 「ヒマなら被災地にボランティアに来なさい…」発言
携帯メールの返事をくれない人で「気づかなかった」って過去形で言う人ってなに? 気づいてるじゃん
片桐えりりか火事騒ぎ 消防署や警察を巻き込んだ販売促進だった?
松本復興相が宮城県知事を叱責しマスコミには「書いたらもう、その社は終わりだから」発言まとめ