001

写真拡大 (全10枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

新世紀エヴァンゲリオン。1995年テレビ東京系列で放送されたアニメーションで、その壮大なストーリー、本格的な世界観、登場人物の内面を描く手法などが話題となり人気を博し、その後映画化もされた日本を代表するアニメの一つですね。

さてこのエヴァンゲリオンなんですが、その内容も相まって他の(ロボット)アニメに比べるとストーリーが全体的に暗い(重い)ですよね。深刻な話が多いといいますか。放送当時、母親に「あんた何や!こんな暗い漫画みて!」と言われた覚えがあります(関西以外でもアニメ=漫画と一括りにされる文化はあるんですかね)。ちなみにうちの母親はオフィスのことをオフイスと全部大文字で発音するタイプです。関西ですね。それはさておき。

このエヴァンゲリオンの暗い雰囲気は、確かにお母様方への印象が良くないかもしれませんね。そこで今日は「フリーイラスト画像で作る明るいエヴァンゲリオン」と題して、フリー画像を使ったちょっと明るいエヴァンゲリオンを色々考えてみたいと思います。

例えば、主人公碇シンジくんの有名なセリフ、

「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」

シンジ君の心の葛藤がわかるセリフですが、やはりちょっぴり暗い(重い)印象ですよね。ここにフリーのイラスト画像を入れて明るくしてみましょう。こんな感じ。




「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」



かなり明るく前向きな感じになりましたね。「今日もぶっちぎるぜ!エヴァーン、ゲリオーン、GO!」とカッコいいヘルメットをかぶって操縦席に乗り込みそうです。自分のこともオイラとか言いそうですし。明るい印象になりましたね。




「僕は、エヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジです!」


俺っちケーキに目がないぜ!というヤンチャな一面を見せることで明るい印象を残す。




「目標をセンターに入れて…スイッチ。」


この輪っかのセンターに入れて、スイッチだぜ!




「笑えばいいと思うよ」


あまり深刻に考えないことも大切です。んー、笑えばいいんじゃね?的な軽い返答




「僕はここにいてもいいんだ!」


僕の存在意義!レーゾンデートル!お腹いっぱいになると感じる幸せ!




「私が死んでも変わりはいるもの」


セリフの重さを吹き飛ばす明るさ。ウィンクしてますし。ピンク色の花が眩しいです。



「こういうときどんな顔をすればいいかわからないの。」


こちらもケーキに目がない設定ですね。主人公にケーキを奪われ「シンジのヤツ!コラー!」なんて展開も。空中にピョンと跳ねてるシンジ君のカットで「次週へ続く」。


「勝ったな」


いつもはダンディーな冬月先生も、近所にいそうな愛されキャラに大変身。口癖は「そうじゃのう、そうじゃのう」。




最後は使徒もイメチェンしておきましょう。



「パターン青、使徒です!」



ガオーだぞー!


黄色い。


参照 イラスト素材の素材ダス http://www.sozaidas.com/
続きを読む

この記事の元ブログ: フリーイラスト画像で作る「明るいエヴァンゲリオン」


最新の人気記事はコチラ
大政奉還のプレスリリースを書く
大政奉還のプレスリリースを書く
会社でツラい時に使える「ゆるふわメッセージカード」
会社で使える「ゆるふわ毒舌」ステッカー
新選組に入りたい人の為の応募フォーム
フリーイラスト画像で作る「明るいエヴァンゲリオン」
「第一回威格闘技」の撮影に参加してきた