男の子のような女の子BO″I″S(ボーイズ)の日本初写真集とは?

写真拡大

 "男の子のような女の子"通称「BOI(ボーイ)」達をフィーチャーした写真&インタビューブック「TOKYO BOIS!」が発売されている。「BOI」は、海外ドラマ「Lの世界」や中性的魅力で人気の海外セレブSamantha Ronson(サマンサ・ロンソン)など近年注目を集めている存在。日本初の「BOI」専門写真集として発売され1ヶ月、「amazonランキングでも上位にランクインするなど他ではない本として反響を得ている。」と同誌編集担当は話す。

女女男子の逆?「BOIS」とはの画像をもっと見る

 「BOI」とは「男の子に見える女の子」や「レズビアン」、「クィア」など「男として生まれていない男の子」などを総称した言葉。男の子を意味する英語「BOY」と区別するため、あえて「Y」を「I」で書いたアメリカ発の用語だそうだ。本誌を発行した飛鳥新社は、同社発行の雑誌企画で取材したことをきっかけに本誌を製作に取りかかったという。写真は上野樹里や仲間由紀恵ら女優陣の写真集をはじめアートスペースLatitude☆Pのディレクターを務めるフォトグラファー戸崎美和が撮り下ろし、レズビアン・カルチャー&ライフスタイルをフィーチャーした東京発ワールドワイド・ウェブサイト「TokyoWrestling」の編集長カイザー雪氏が文を手がけている。160ページにもわたる「TOKYO BOIS!」の写真ページでは、街角で出会った「BOI」たちなども含め多彩な「BOI」達を掲載。編集担当者は「『BOI』にはとても中性的な人たちが多い。とてもおしゃれに服を着こなしていて、マニッシュだったり、モードだったり、少年のようなイメージだったり。男・女どっちだったとしても、かっこいいのでは」と話す。

 7月には"男の娘"限定の写真集「女々男子(めめだんし)〜綺麗な男の娘は好きですか〜」が発売。同誌は、2.5次元に生息しているオンナノコよりもカワイイ"オトコノコ"="男の娘" 達を撮り下ろしたもので、発売から数日で増刷が決定したことが「NEWTYPE」の公式ホームページで発表されている。