英VOGUEケイト・フェランがTOPSHOPディレクターに就任

写真拡大

 1993年から18年間、英VOGUE(ヴォーグ)でファッション・ディレクターを勤めてきたKate Phelan(ケイト・フェラン)が、イギリス発ファストファッションブランド「TOPSHOP(トップショップ)」のクリエイティブ・ディレクターに就任する。ロンドン・ファッション・ウィークが開催される2011年9月を目途に、本格的に「TOPSHOP」の経営プロジェクトに加わる予定。ケイト・フェランは、今年6月にVOGUEを去っている。

ケイト・フェランがTOPSHOPディレクター就任の画像を拡大

 ケイト・フェランは英VOGUEで勤務する傍ら、「TOPSHOP」のチームの一員として数年間にわたりキャンペーンのスタイリングなどを手掛けてきた。ケイト・フェランが就任するのはクリエイティブ・ディレクターで「TOPSHOP」に新設された役職。製品開発やブランド・アイデンティティーなど、今後の経営方針を指揮する立場として本格的に経営プロジェクトに携わっていく。

 クリエイティブディレクターに就任することについてケイト・フェランは、「私は、クリエイティブ・ディレクターとしてトップショップチームに加わることを嬉しく思っています。トップショップは、リアルショップの雰囲気づくりやデザイナーコラボの草分け的存在で、最も影響力のあるダイナミックなファッションブランドです。 次なるステージに向け、トップショップに貢献していきたいと考えています」とコメント。また、「TOPSHOP」のCEO Mary Homer(メアリー・ホーマー)氏は、「ケイトがトップショップチームに加わることを本当に嬉しく思います。 彼女の経験とファッションに関する知識は今後の開発に大きく影響するでしょう」とクリエイティブ・ディレクターの就任について述べた。