(株)タジマでは、医療施設や福祉施設向けの壁材として、腰壁保護ビニルシート「腰壁ガード」を7月21日(木)に新発売する。
「腰壁ガード」は、汚れやキズの付きやすい施設の壁面を保護するための壁材で、表面に特殊UVコーティングを施すことにより汚れをつきにくくしている。デザイン的にも床材に合わせた無地系のものから、意匠性の高い木目柄まで全6アイテムをラインナップした。また見切り材、巾木、出隅材といった専用部材や、専用接着剤としてアクリル樹脂系エマルション型接着剤「セメントKG」も用意している。「腰壁ガード」の価格は3500円/m。
この他、同社ではビニル床シート等を壁面に立上げ施工する際に使用する専用部材「ミニモール」も同時に発売する。「ミニモール」を使えば、床材立上時の天端をきれいに仕上げることが可能となる。価格は900円/本。出隅材、入隅材も用意している。