リクルートは、同社が運営する就職情報サイトのリクナビ会員の大学生・大学院生を対象に、6月24日〜30日現在の就職活動の状況を調べ、取りまとめて発表した。

 リクナビ会員の大学生内定率(内々定率)は49.2%で、就職活動終了率は34.4%だった。文理系別にみると内定率は文系50.2%、理系47.2%となっている。

 理系大学院生の内定率は70.0%と大学生より20.8ポイント高くなっている。

 昨年の大学生の内定率は55.8%で、比較すると6.6ポイント低い。就職活動終了率も昨年の46.1%に対し11.7ポイント低い状態だ。

入社3年以内の“経験者”も4割の企業が新卒で受付〜人事採用担当者アンケート
厳しい就活 学生の就職志望企業に変化
新卒採用枠の拡大要請へ

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。