ネットオークションの常連に聞く、「より高値で落札してもらう方法」

写真拡大

現在の家に引っ越してから1年半、衣替えもひと通り終え、部屋が着ない服であふれてきました! そろそろなんとかしなくては……。オークションを利用してみたいけれど、せっかく売るなら高く買い取ってもらいたい。誰か、オークションで高く売れるテクを教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、オークション歴5年の風山さん(31歳・仮名)。月に平均2万円程度をオークションで稼ぐという風山さんに話を聞いてみました。

―オークションを始めてみようと考えているのですが、高く売るためのコツを伝授してください!

「高値で落札してもらうにはいくつかポイントがありますが、今回は3つに絞って教えますね」
1. 商品画像がキレイ
2. ぱっと目を引く見出し
3. 終了時間はベストタイミングを狙う

―「写真がキレイ」というポイント1は、もちろんのことだと思いますが……、具体的に、どのようにすれば?

■写真を撮るときに気を付けること

「アイテムを撮影するときには、画像に出品者の生活感を出さないように注意。画像は購入者にとって、最大の情報源です。どんなにいい商品でも、畳の上で撮ったり後方に本棚が写っていたりすると、生活感丸出しで、使い古したような印象になってしまうことも。簡単にできるテクとしては、商品を台の上に乗せ、後ろに色画用紙を立てるだけでもだいぶ良くなりますよ」

―購入する側だって、キレイに見える方を選びたいですものね。では、2の「目を引く見出し」というのは、どういうことですか?

■見出しには検索されやすい単語を入れる

「オークションでは、商品が検索でヒットしなければ意味がありません。そこで、検索されやすいワードとして、ブランド名などや商品名などを正しく入力したタイトルをつけるのがポイント。新品、新品同様、未開封、美品など、購入者にとって魅力的なワードが当てはまる場合はぜひ入れて。ファッションはギャル系、ストリート系、カジュアル系など、ジャンルを記載するのも効果的ですね」

―新品、レアなどは、つい目が奪われそうな単語ですね。ところで、商品がブランドものでなくても、大丈夫でしょうか?

「ブランドものでなくても、『○○(ブランド名)風のイメージ』とか、『今年流行の××(アイテム名)』といった、キーワードを入れると検索されやすくなりますよ。また、『レア、限定品、非売品』などのワードは、より購買意欲をかき立てるワードなので、該当する場合はぜひ入れておきましょう」

―ポイント3の「終了時間のベストタイミング」は、いつなんですか?

■オークションの終了時間は日曜夜が一番いい!?

「オークションは、終了間際の1時間くらいがもっともヒートアップします。たくさんの人に入札してもらうために、終了時間をいつに設定するかはとても重要。私のおすすめは、日曜の21時〜24時くらいですね。ちょうどインターネットにアクセスする人が増える時間帯と言われているし、翌日は平日なので、落札後の入金から発送までがスムーズです。また、商品のターゲットによって、終了時間を変えてみるのもいいかもしれません」

―主婦をターゲットにした商品なら、平日のお昼なんか良さそうですね。

■ひとことアドバイス

「オークションは実物が見えない分、自己申告をきちんとすることが大事です。使用感たっぷりなのに新品と偽ったり、傷があるのに明記しなかったりすると、信用を大きく欠いてしまうだけではなく、トラブルの元にも。商品の状態やサイズなどは、細かく記載するようにしましょう」

風山さん曰く、ほかにもたくさんコツはあるんだそうです。オークションとひとことに言っても、奥深いんだなぁ……。今回聞いた3つのポイントを駆使し、ルールやモラルを守った上で、楽しいオークションライフを始めたいと思います!

(栗本千尋+プレスラボ)



■関連記事
「1年間夕食はカレー」など、泣ける貧乏エピソード
マンガ好き男子に聞く、男子にお勧めの「少女マンガ」
ベテラン不動産屋に聞いた! 「物件選びで気をつけたい落とし穴」