アイドルシーンの最尖鋭! ″Idolpops for Y′all″@秋葉原MOGRAレポート

写真拡大

秋葉原のアニソン・ボーカロイドDJバー「MOGRA」は2009年の夏にオープンしてからもうすぐ2周年を迎え、より広いジャンルのイベントが開催されるクラブへと成長を遂げている。そんなMOGRAのだーやま店長から「これは面白いですよ」と教えて貰ったのが、今回紹介する『Idolpops for Y'all』というアイドルポップのイベントだった。


※Idolpops for Y'all
http://ipopfa.blogspot.com/

6月25日の『Idolpops for Y'all 〜 おいしい水 〜 』で4回目になるこのイベントは「すべての女性アイドル名曲はここにあります」と断言するように、ヒットチャートにこだわらない、有名無名・古今東西問わないアイドルポップスを楽しむ場となっていた。

当日はアンテナの高い100名強のアイドルファンがMOGRAに集合した。

スタートすぐに、この夜のホットサンドウィッチなどフードと、サブタイトルにもなっている「おいしい水」を提供することになった二人組のユニット『ちぇりぃ☆えんじぇる』が、発売されたばかりのファーストシングルに収録されている「ちぇりぃなキ・モ・チ☆」「サマーマーメイド」をライブで披露し、最初からファンのテンションを上げさせた。


※『ちぇりぃ☆えんじぇる』1stシングル「ちぇりぃなキ・モ・チ☆」
http://www.108record.com/

その後も、数名のDJがアイドルグループの名曲を、思い思いのセットを大音量で流し続け、フロアの熱気も下がる気配なし。アイドルファンの底力を感じさせられた。

そして、この夜最大のトピックは、清純派ヒップホップアイドル『tengal6』のライブ!

『tengal6』は事前一般投票と公開オーディションで誕生した6名のアイドルグループで、今コアなアイドルファンの注目を浴びている存在。そんな彼女たちが、MOGRAのような大きさのクラブでライブを行うことも含めて、ある意味「事件」と呼べるだろう。

※tengal6公式サイト
http://newtral.info/tengal6/

『tengal6』の6人はおそろいのTシャツとデニムのホットパンツという衣装で登場、息の合った振り付けとラップで4曲を歌い、喝采を浴びた。

会場では、7月15日の全国販売に先駆けてミニアルバム「まちがう」を販売。メンバーは物販ブースに訪れたファンの一人ひとりと交流を楽しんだようだった。

クラブでのライブを終えて、メンバーの細越麻未さんは「お客さんとの距離が近くて、とても楽しめました。曲のテーマが、パーティーで盛り上がるというものなので、それにぴったりの場所で歌えて良かったです」と話した。

『Idolpops for Y'all』は不定期開催ゆえに、次回開催は未定。だが、様々なアイドルファンが集まるような企画は東京でもまだ限られているだけに、近いうちに再びこのようなイベントが開催されることを望みたい。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ふじいりょう」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体に記事を提供している。

■関連記事
米原康正&増田セバスチャン 原宿から発信する「僕らの出来るチャリティー」
蓮舫大臣、石原都知事の「津波は天罰」発言に不快感
横山知枝に見るアイドル“円満引退”の姿とは
レディ・ガガの年収“72億円”ってどれだけすごいの?
オーストラリア英語の魅力