LANVIN(ランバン)、アイウェア・ライセンス契約を締結

写真拡大

 ジャンヌ・ランバン社が、高級アイウェアメーカー デリーゴS.p.Aと「LANVIN(ランバン)」のアイウェア事業におけるディストリビューションのライセンス契約を締結し「LANVIN」のアイウェアデザイン、生産をワールドワイドで展開する。

ランバン、アイウェアライセンス契約の画像を拡大

 「LANVIN」のアイウェア・コレクションは、デリーゴS.p.Aのディストリビューション・ネットワークを通し、世界各国の限られたアイウェアショップやデパート、各「LANVIN」ブティックで2012年12月から展開をスタートする予定。現時点で日本での販売等は未定になっている。

 デリーゴ S.p.A CEOのミケーレ・アラクリは、「弊社は、エレガンスの代名詞でもあり、プレステージ・ブランド「ランバン」とのエキサイティングなパートナーシップを組めたことを大変喜んでいます。アルベール・エルバスと弊社のエキスパートが卓越した技術からハイクオリティーのアイウェア・コレクションを創っていきます」とコメントしており、ジャンヌ・ランバン CEOのティエリー・アンドレッタは、「私はこのコラボレーションを弊社のクリエイティヴィティとDNA、そしてヘリテージを「デリーゴ」のアイウェアの世界にトランスファーすることに大きな期待を込めています。 弊社はこのコラボレーションによりさらに「ランバン」の象徴的なエレガンスと上品なイメージ、タイムレスでいてびっくりさせるようなレベルのクオリティーとクラフツマンシップを広めていけることでしょう」と語っている。

 デリーゴS.p.Aは、「GIVENCHY(ジバンシィ)」や「Chopard(ショパール)」、「CELINE(セリーヌ)」、「ESCADA(エスカーダ)」、「Loewe(ロエベ)」などのブランドともアイウェアにおけるライセンス契約を結んでいる。