フィアットがGUCCIの限定車「500 by Gucci」を発売

写真拡大

 フィアット グループ オートモービルズ ジャパンが2011年7月8日、「GUCCI(グッチ)」とのコラボレーションモデル「500 by Gucci(チンクエチェント・バイ・グッチ)」の発売を記念して青山・FIAT CAFFÉでプレビューを開催した。今年はイタリア統一150周年、「GUCCI」創設90周年にあたる記念すべき年。イタリアを代表する2ブランドが"クラフツマンシップ"と"スタイル"を融合させた特別限定車を発売する。

フィアットがGUCCIの限定車を発売の画像をもっと見る

 「500 by Gucci」は、「GUCCI」のクリエイティブ・ディレクター フリーダ・ジャンニーニがフィアットのデザイン センター チェントロ・スティーレ協力のもと「フィアット500」をカスタマイズした特別使用モデル。ボディーカラーはブラックとホワイトの2色展開で、現代的且つシャープな印象のデザイン。ホイールのセンターキャップにあしらわれた"インターロッキングGGロゴ"や「GUCCI」独自のグリーン、レッド、グリーンのシグネチャーウェブストライプが特徴になっており、シートやキーカバー、フロアマット、シートベルトなどに採用されている。日本国内では2012年までに計300台を投入する予定で、2011年9月3日から全国のフィアット正規販売店で販売をスタートする。価格は260万円(※500 by Gucci)。

 スペシャルプレビューでグッチ ジャパンのクリストフ・ドゥ・プゥス氏は、「GUCCIは、1921年のブランド創業から"旅"をテーマにラゲージ品などを取り扱ってきました。今年はブランド90周年という記念すべき年、同じく歴史あるイタリアのフィアットとのコラボレーションについてクリエイティブ・ディレクター フリーダもすぐに賛同し実現しました」と流暢な日本語で「500 by Gucci」についてコメント。そのほか、フィアットのティツィアナ・アランプレセ カントリーマネージャーをはじめ、ヴィンチェンツォ・ペトローネ駐日イタリア大使、フィアット ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長らが登壇した。

 「500 by Gucci」のスペシャルサイトでは、同モデルからインスピレーションを受けて制作されたトラベルアクセサリー、レザーグッズ、ドライビングシューズ、トラックシューズ、ボマージャケット、ドライビンググローブ、サングラス、ウォッチなど、「GUCCI」のスペシャルコレクションを紹介。6月30日まで行われていたオンライン予約では、わずか1ヶ月で101台が予約された。なお、7月8日から9月5日までの期間は、FIAT CAFFÉで実車が展示されている。

■スペシャルサイト
http://www.gucci.com/jp/worldofgucci/articles/500-by-gucci
■モデル/価格(メーカー希望小売価格)
・500 by Gucci/260万円
・500C by Gucci/294万円(※2011年10月より発売予定。限定100台導入予定。)