米国労働省が発表した雇用統計(季節調整済み)によると、6月の米国失業率(軍人除く)は9.2%で前月から0.1ポイント悪化した。3カ月連続で上昇し、雇用回復の遅れが鮮明となってきた。

 景気との連動性が高い非農業部門の雇用者数(季節調整済み)は前月に比べて1万8000人増。9カ月連続の増加を維持したものの、前月(2万5000人増)に続いて、小幅な増加にとどまった。

 民間部門の雇用者数は前月比5万7000人増。政府部門の雇用者数は同3万9000人減で8カ月連続の減少となっている。

5月の失業率4.5%で3カ月ぶりに改善、求人倍率は横ばいの0.61倍
新成長を目指す人材戦略〜変質する人材採用のルール
専門分野の人材が不足、確保策の再検討が必要に

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。