メルシーボークーの「昭和の家」コンセプトショップが代官山にオープン

写真拡大

  A-net.Inc.(エイ・ネット)が運営する「mercibeaucoup,(メルシーボークー、)」が2011年7月7日、東京・代官山に直営路面店をオープンした。ショップコンセプトは「昭和の家」。台所やリビング、子供部屋、お風呂場、物干しテラスなどをイメージさせるレトロなインテリアの中に、デザイナー宇津木えり氏が手がける遊び心に溢れた最新コレクションのウェアや小物が並ぶ。

メルシーボークーの「昭和の家」代官山にオープンの画像をもっと見る

 「mercibeaucoup, 代官山店」は、渋谷区猿楽町の八幡通りから一本入った裏通りに位置する「CUBE 代官山」内に出店。地上1〜2階の2フロアからなるショップ丸ごと「昭和の家」をテーマにデザインされた。通りに面したガラス越しの一角は、物干し竿に掛かった服や靴が洗濯物のように日光を浴びているテラス。玄関を抜けるとリビングやダイニングが広がり、2階には2段ベッド付きの子供部屋。蛇口付きのステンレスシンクが設置されたカウンターキッチンがレジスペースに、トイレやバスルーム風の個室はフィッティングルームに変身した。絨毯や窓枠、ドア、照明など、細部に至るまで昭和レトロな雰囲気が漂っている。

 店内には、「mercibeaucoup,」ウィメンズとメンズ、そして妹ブランド「jevous enprie!(ジュヴゾンプリ!)」のフルコレクションがずらり。7月7日のオープンと同時に一足早く「魚」がテーマの2011-12年秋冬コレクションの展開がスタートし、オープン記念の限定アイテムとして「オサカナセンスザンス」(税込 ¥3,675)と「オサカナハンカチーフ」(税込 ¥2,100)を発売する。ユーモアの詰まった新ショップについて「代官山といえば同潤会アパートというイメージ。そこから発想を広げて、子供の頃に住んでいたような昭和の家をテーマにしました。懐かしいでしょう?」と笑顔を向ける宇津木氏。東日本大震災後の心境として、「mercibeaucoup,を通じて少しでも楽しんでもらえたら、という気持ちがより一層強くなった。もっと人に喜んでもらえるように、元気やパワーを与えていきたい」と話し、アットホームなショップで「mercibeaucoup,」らしいユーモアとくつろぎの時間を提供する。


■mercibeaucoup, 2011-12年秋冬コレクションルック
 http://www.fashionsnap.com/collection/mercibeaucoup/2011-12aw/

■mercibeaucoup, 代官山店
 住所:東京都渋谷区猿楽町19-7 CUBE 代官山E棟 メルシーボークー、
 TEL:03-6427-0081
 営業時間:11:00-20:00