モードに転換 新生BLACK BY MOUSSY、ロゴも刷新

写真拡大

 バロックジャパンリミテッドが手がける「BLACK BY MOUSSY(ブラック バイ マウジー)」が、2011年-12年秋冬コレクションよりブランドを本格的に刷新する。2011年春夏シーズンよりデザインチームやブランドコンセプトを一新し、Independent(インディペンデント)な女性のためのリアルクローズを提案。2011年秋冬シーズンからはブランドロゴも変更し、新たなブランドの世界観を発信する。

ブラックバイマウジーがブランドを刷新の画像をもっと見る

 「BLACK BY MOUSSY」はバロックジャパンリミテッド運営するブランドのなかでも百貨店への販路をメインとして展開している。ブランドは2003年よりスタートし、キャリアシーンに活用できるリアルクローズをはじめ、スーツのセットアップも取り扱っているのが同社他ブランドとは一線を画す点だ。2011年春夏コレクションよりブランドコンセプトを「自分らしさを"魅せる"ことのできるIndependentな女性のためのリアルクローズ」に一新。ベーシックなアイテムをベースにモードで旬なカラーを加え、モダンでリラックス感のあるアイテムを織り交ぜたミニマルなスタイリングを提案していくブランドへと世界観を刷新してきた。新たなブランドロゴとともに新生「BLACK BY MOUSSY」のスタートを切るべく、2011-12秋冬シーズンの展示会がプレス含め百貨店関係者に向けての初披露の場となった。

 2011-12年秋冬シーズンは、"Edgy Classic"をテーマにニューヨークからインスピレーションを受けた抜け感のあるスタイルを披露。ブラックとベージュというベーシックなカラーパレットを基調に、深みのあるレッドやブルーをさし色に使用し、シンプルかつモダンなアイテムを展開。ポンチョ型やアイラインのきれいなウールコート、ファーをボリューミーに使用したベストやジャケットなどアウターも充実。アウターの価格はこれまでと変わらず、2万円代〜5万円が平均価格。これまで通りスーツのラインナップも揃え、様々なシーンに合わせて独自の着こなしができる、リアルでシックな女性像を描き出している。

 展示会終了後、関係者からの反応も良好だったという同コレクション。「ターゲットや販路先に合わせたブラッシュアップは必要。ブランドの刷新は春夏からスタートしましたが、アイテムのボリュームや素材感などを含め今季のコレクションを通じてブランドが打ち出す新しいコンセプトを改めて伝える事ができたのではないかと思っています。」と同社広報担当者は語っている。