マリオはもともと「救助マン」という名前だった

写真拡大

マリオといえば『スーパーマリオブラザーズ』で世界的に有名になったキャラクターですよね。さまざまなゲーム機でマリオが主人公のゲームが発売されていますが、実はマリオの名前が、最初は違うものだったのをご存知ですか?

なんと、マリオの名前は公式設定で「救助マン」という名前だったのです。なんともストレートな名前ですね。確かにレディーやピーチ姫を助けに行きますので、救助マンという名前は間違いではありません。

また、マリオは公式設定で「ミスタービデオゲーム」と呼ばれていたこともありました。しかしいちばん悲惨なのは、マリオがはじめて登場した当時は無名だったのです。名前もないキャラクターだったんですね。あまりにも悲しすぎる!

無名よりは、救助マンという名前があるだけ幸せかもしれませんね。そんな名前の彼が、立派なマリオという名になり、よくここまで出世したものです。これからの活躍に期待です! あれ? じゃあルイージはどんな名前だったんだろう?

■関連記事
SDN48新曲『MIN・MIN・MIN』を熱唱! 『眠眠打破』コラボキャンペーン発表会にいってきた!
【ガジェモニ】『Paper Jamz2(ペーパージャムズ2)ロックギター』読者レビュー
元内閣総理大臣の麻生さんが好きなスイーツはコレ! 4つのスイーツを差し入れしてみた
コミック『FAKE』 (著者 古泉 智浩) ティーンの美女って昔は読書家 いまはネットオタクだったりするのはどうしてだろう?
飛び出せ、おっぱい! 「3DS」の救世主、現る!?