ソウルで人気のお弁当…実は不衛生な「細菌弁当」?

写真拡大

ソウル市内でこのところ人気を集めているお弁当だが、食中毒が起きてもおかしくないレベルの細菌が検出されていたことが5日、分かった。

韓国の消費者市民団体は5月26日から6月7日にかけて、ソウル市内の弁当販売店やコンビニ、スーパーマーケットなど16メーカーが販売している弁当28製品を検査。食中毒の原因となる菌や一般細菌の数について調べた。

すると、28製品すべてから、食中毒の原因となるサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、セレウス菌を検出。大腸菌は検出されなかったものの、最高で細菌数は600万cfu/gに達し、即席調理食品の一般細菌基準(1グラムあたり10万以下)より遥かに高かった。

具体的に見ると、最も高かったのは弁当屋「本弁当」の鐘路店が販売していた「今日のお弁当」で、細菌数は600万cfu。「ミニストップ」梨花駅店の「王チーズ餅カルビ弁当」は50万cfu、「セブンイレブン」梨花1号店の「真炭火チキン弁当」は25万cfu、「ホームプラス」の「野菜のり巻き」は東大門店が18万cfu、蚕室店が13万cfuと基準値以上の細菌が検出された。

次に、お弁当の製造・流通期間の表示についても調査。その結果、製造日時と流通期間がすべて表記されていた製品は28製品のうち9製品(約32%)だけで、製造日時のみ表記した製品は6製品(約21%)で、何も表示していない販売業者も確認された。

日本も韓国も、今の時期は気温が上昇し、湿気も高くなることから細菌は繁殖しやすい状態となる。韓国を訪れる予定がある人は、コンビニなどでお弁当を購入する際に、製造日時や流通期間がきちんと表記されているか確認した方がよさそうだ。


参照:ソウル市内販売お弁当から細菌「うようよ」 - ファイナンシャルニュース
参照:市内で販売されている弁当、実は細菌「うようよ」 - クッキーニュース

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。