毎日を変える? 「寝る前5分」の習慣

写真拡大

 最近、質の高い睡眠をとれていますか? 集中力を高めるために睡眠は大切。しかし、忙しくて睡眠時間が十分でない、寝る直前に嫌なことばかり思い出してしまい、すっきりと眠ることができないという方もいるのではないでしょうか。
 そこで、『幸運を引き寄せる 寝る前5分の魔法の習慣』 (佐藤伝/著、アスコム/刊)から、イイ睡眠をとることによって「なんとなくイイ気分」で毎日をおくる方法をご紹介したいと思います。

 仕事などで忙殺されている現代人は、睡眠時間を削ることを当たり前だと思っています。
 しかし、睡眠をおろそかにしていては、効率よく仕事をすることはできません。
 本書によれば、私たちの生活習慣において、最も重要視すべきなのは質の高い睡眠なのだそうで、その中でも特に大事なのは「寝る前5分」だといいます。

 あなたの「寝る前5分」の習慣はどのようなものでしょうか。
 深夜になってもテレビをみたり、携帯で遊んだり。または、その日起きた嫌なことを思い出して、目が覚めてしまう。これでは、イイ睡眠をとることはできません。
 そんなときは次のことを、寝る前に実践してみてはいかがでしょう。

◆自分の人生のヴィジョンを考える
 何を所有したいかよりも、何がしたいか。さらに言えば、どんな自分でありたいのか、を寝る前に考えてみてください。寝る前に自分のヴィジョンを考え、気づくことで、そのイメージを次の日につなげることができます。に気づくことで、

◆寝る前の3分瞑想
 寝る前の3分間、今日の出来事の中で、「よかった」と感謝できることだけを考えてください。睡眠に不満をもっている人は、人生全般において、不平・不満を抱いている場合が多いです。悪いことは追体験しないことが大切です。

◆明日になる前に寝る
 最優先すべきなのは、「今日、寝て、明日、起きる」。寝ている時間は無駄、という考えを改めてください。午後10時から午前3時くらいにかけて「眠りのゴールデンタイム」というものが存在し、この時間帯に寝るのが一番効率的です。夜更けまで無理をすると、次の日の午前を無駄にしてしまいます。
 本書には、この他にもリラックスして眠るためのメソッドが多く紹介されています。

 また、目覚めの習慣を改善することで、さらに睡眠の質を高めることが出来ます。そのうちの一つをご紹介しましょう。

◆朝一番に発する言葉で自分の気持ちをナビゲートする
 「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのである」という言葉があります。朝起きたら、「あー、気持ちいい」と口にしてみてください。「あー、」とつけるのがコツです。こうすると、自分の潜在意識が良い意味で騙されてしまい、本当に気持ちいい朝を迎えることが出来るそうです。

 よい睡眠がとれなかった日はなんとなくイライラして、仕事や人間関係もギクシャクしてしまいがちです。これを機に、寝る前の習慣を見直してみるのはいかがでしょうか。睡眠の質が上がり、気持ちのよい朝を迎えることが出来ますよ。
(ライター/タカダエリ)



【関連記事】 元記事はこちら
ストレスが溜まりにくい睡眠時間は何時間?
“無敗の男”ヒクソン・グレイシーに恋愛相談をしてみた
つらいストレスを軽減させる5つの方法
信頼される上司になるために必要なこと4つ