英語習得、カギは「まず英語で話しかけてみる」―クリス岡崎さんインタビュー(2)

写真拡大

 「英語が30分で話せるようになる」。そんな言葉を聞いて、「そんなわけないじゃない!」と思う人も多いのではないだろうか。
 確かに、学校でしか英語の勉強をしてこなかった人が、30分で正しい文法できちんと話せるようになるというのは難しい。というかほぼ不可能なことではないか。しかし、『30分で英語が話せる』(ダイヤモンド社/刊)の著者であり、通訳者のクリス岡崎さんは、話しかけることは可能だという。そして、これまで日常生活の中で覚えてきたカタカナ英語を使えば、意外にもネイティブでも通じてしまうそうなのだ。
 今回はクリス岡崎さんに、英語習得の極意を聞いてきた。今回はその後編をお送りする。


■「実用性」と「正しく美しい文法」は全く違う

―それでも、やはり外国人に英語で話しかけるときには「伝わらないんじゃないか」という不安が起こると思いますが、不安や緊張を取り除くためにはどうすればいいのでしょうか。

「外国人に英語で話しかけるときに緊張するっていう人は多いと思うけど、よく考えてみて! 日本人にだって、突然話しかけるのは難しくない? 切羽詰った理由がないとなかなか話しかけづらいよね。大阪のおばちゃんたちだったら、どんな人でも構わず話しかけられるかも知れないけど(笑)、そういった習慣がなければ難しいよ。
だから、外国人に話しかけるのが難しいのではなく、日本人でも難しいってこと。そこにさらに英語だから、さらに難しくなるという感じだよね。」

―確かに、海外に行ったときに英語を話すシーンって、逆に“話さざるを得ない”ときですよね。物が買えないとか。

「そうだよね。英語しゃべらないと物が買えなかったら、なんとかがんばって英語しゃべるよね(笑)」

―通訳者としてもご活躍されているクリス岡崎さんですが、クリスさんの英語との出会いについて教えて頂けますか?

「おそらく、赤ちゃんの頃だよ(笑)。テレビを見れば英語がすでにあったからね。学ぶという意味であれば中学校の授業だね。でも、成績は悪かったよ」

―それは意外です。英語の達者な方々は、子どもの頃から英語に触れている人が多いので…。

「そうじゃなかった(笑)。僕が英語に楽しさを感じた1つのきっかけに、外国人の友達ができたということがあるよ。向こうも日本語が上手だったから、僕が努力する必要はなかったけれど、自分が知っていることを教えてあげると喜んでくれて」

―外国人の友人が出来たということが、英語を話す理由になったということですね。

「そうだね。もちろん最初は文法も何も分からなくて、ブロークンイングリッシュだったけれど、ダメダメでも結構通じるんだなと思ったんだ。ときどき東南アジアに行くと、文法も発音も間違えている人が、自信たっぷりに壊れた英語で会話をしたり商売している姿を見かけるけど。そのとき、実用性と美しく正しいことは違うんだな、と(笑)」

―以前、英語を手っ取り早く覚えるには、海外に行って外国人の恋人をみつけることが一番早いといわれたことがあります。

「それは実際にそうかというと、それで英語を覚える人もいれば、そうでない人もいるというところかな。その恋人が本当に好きで、伝えたいことがたくさんあれば英語を覚えるだろうね。」

ーでは、最後にこのインタビューの読者の皆様にメッセージをお願いします。

「まずこの本のタイトルを見た人は、『なんだこりゃ、嘘だろう』と思うかも知れない。でも、高校を卒業している人のほとんどは英単語をいっぱい知っているはずだし、それらを使ってネイティブに話しかけることは出来るはず。もちろん、相手の言っていることを100%分かる必要はないし、こちらが美しく正しい英語を使う必要もない。本書を読む30分で、話せるようになるはずだよ。
誰かとコミュニケーションをとりたい、その想いで発せられた英語こそが、正しくて美しいコミュニケーションなのだと僕は思うんだ。文法的な正しさや美しさはいらない。最初の段階では、覚えておくことはほんの少しでいい。まずは英語で話しかけて、コミュニケーションを楽しむこと。それを味わってもらったら、人生は何百倍も質が高まるんじゃないかな。」

(了)



【関連記事】 元記事はこちら
英語の苦手意識を克服するためには?―クリス岡崎さんインタビュー(1)
寝とられた女の選んだ道とは?
ミーティングや会議、スピーチで恥をかく前に覚えておきたい日本語
モテない男のデートを尾行してみた