「英語が30分で話せるようになる」。そんな言葉を聞いて、「そんなわけないじゃない!」と思う人も多いのではないだろうか。
 確かに、学校でしか英語の勉強をしてこなかった人が、30分で正しい文法できちんと話せるようになるというのは難しい。というかほぼ不可能なことではないか。しかし、『30分で英語が話せる』(ダイヤモンド社/刊)の著者であり、通訳者のクリス岡崎さんは、話しかけることは可能だという。そして、これまで日常生活の中で覚えてきたカタカナ英語を使えば、意外にもネイティブでも通じてしまうそうなのだ。
 今回はそんなクリス岡崎さんに、英語習得の極意を聞いてきた。今回はその前編をお送りする。


■英語嫌いを克服するには「最初が大事」

―今回、クリス岡崎さんが出版された『30分で英語が話せる』ですが、英語を苦手だと思っている人も多いと思います。私たちは学校できちんと文法から1つ1つ覚えていき、それが合ってないとテストで○をもらえない。どうしても正しい文法で話さないと通じないのではないかという恐怖心もあると思います。

「アメリカ人も文法は勉強するかも知れないけれど、学ぶ前からしゃべれているよね(笑)。日本人も国語で日本語の文法を学ぶけれど、文法を覚える前から日本語を話すことができるわけで、やっぱり環境から学ぶことと、勉強から学ぶことは違う。勉強は楽しくないことも多いし、成長を感じにくいからね。
でも、みんな追い詰められれば、意外としゃべれてしまうんじゃないかな? 海外の空港などで、大阪弁を使うおばちゃんが怒って空港スタッフにまくし立てるという光景を見たことがあるんだけど(笑)、空港スタッフがおばちゃんの使う英単語を拾って対応していて、本気でコミュニケーションする気があれば伝わるんだよね。とにかく、正しい英語でなくても、この人とコミュニケーションしたいんだと思えば、だいたいは伝わるんだ。」

―そこで、『30分で英語が話せる』を執筆した経緯をお話して頂きたいのですが、本書は「楽しく英語を学ぶ」ということが軸になっていると思います。

「僕は、ずっと英語を日本人に教えていたんだけど、もう1つやっていたことがあって、インターナショナルスクールで外国の子どもたちに日本語を教えていたんだ。
で、さっきも言ったように子どもたちにとって勉強は楽しくないものなんだよ(笑)。だから全部ゲーム形式で覚えていくようにしたら、最初勉強嫌いだった子どもたちがものすごくはまっちゃって、親御さんたちが驚くくらい日本語が好きになったんだよね。それも、最初からルールをたくさん覚えなくてはいけないゲームではなくて、とりあえずスタート時は細かいことを知らなくても出来る、というゲームで。ステージが上がっていくごとにだんだんと覚えることが増えていくという形式だと、成長が早いことに気づいたんだ。」

―なるほど。ゲームの入り口を広くしたわけですね。

「そのとき、英語も同じだと思ったんだよね。お勉強をして英語を学ぶというのは方法としては王道だけれど、出来るようになるためにもっと勉強しろ、というのは教える方の怠慢。先生の方も工夫をしなければいけないよね。
ほとんどの学習ゲームは、最初がとても簡単で自信がつくように設計されていて、新たな障害にぶつかったとき、自分自身の力で工夫して乗り越えていけるように先生が工夫するんだ。そうすれば子どもたちはどんどん言葉を覚えていくんだよ。
だから、日本人が一番つまずきがちな導入の部分をどうにかすれば、英語もすぐに話せるようになる! そもそも日本人は膨大な英単語の数を覚えているんだよ。テーブル、スプーン、ブック、コップ…カタカナ英語ばかりでしょ。ボキャブラリーだけなら、ネイティブの子どもが覚えているくらいの英単語を、すでに知っているんだ。あとは発音の部分だけ。なのに、自分は英語がしゃべれないと諦めてしまうのはもったいないじゃない?英語で話しかけることは勇気が必要だけど、正しい文法は必要なくて、正しくなくてもその一歩を踏み出せば世界が広がるよ!ということを伝えるためにこの本を書いたんだよね」

―本書の帯に「99%の人が英語が話せる方法」と書いてありますが、話せる能力は実はもともとあるということですね。

「そう! カタカナの英単語だけで充分伝わるんだ。ただ、発音だよね。カタカナだからこそ通じなくなっている単語もたくさんある。この本で、注意すべき6つの正しい発音として紹介している部分」

<後編へ続く>


【関連記事】 元記事はこちら
もし会社の公用語が英語になったら!?
30歳以降の英語習得に欠かせない“2大原則”
使い方を間違えるととんでもないことになる英語表現
覚えていて損はない!? 英会話で使える「あいづち」12個