TVアニメ「日常」絶賛放映中!(画像:amazon.co.jpより)
(C)All rights reserved. KADOKAWA GROUP PUBLISHING CO.,LTD.
(C)あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所


TVアニメ「日常」が4月からチバテレビほか各局で放映されています。

※あらゐけいいち先生原作の「日常」は角川書店「月刊少年エース」に連載されている漫画作品であり、女子高生等の非日常な「日常」を題材にしたギャグ漫画です。

なの、ねじに悩む。今回の第14話から「日常」も新展開、「東雲なの」が学校へ行く日がやってまいりました。これはそんな日の出来事。

学校へと登校する「東雲なの」、通学路である道路には「時定高校」の生徒も何人か見掛けます。そこで「なの」はあることに気付きます。「ねじ…。」

さすがに「ねじ」が背中に付いた高校生は違和感があります。そのことに悩む「なの」ですが、桜井先生からクラスへの自己紹介のときに明らかに「ねじ」に注目する視線。「なの」も「ねじ」について過剰に反応してしまい、その「ねじ」の説明に苦慮してしまいます。

こういうことは良くありますよね。もちろん「ねじ」があるということではなく、転校してきたとき等の初めての自己紹介のときにどうしても自分を特別に注目しているような気分になったりとか。「なの」もそういう気分になってしまうのは多少は仕方のないことですが、こういうときはむしろ堂々と開き直ってしまうと何ということは無いのです。皆様も同じような状況になったら堂々としたほうが良いと思います!

※ちなみに「ねじ式」とは、つげ義春先生の漫画作品です。

「日常」、第14話その3へ続きます。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
時定高校新聞(日常公式サイト)
日常 1 (角川コミックス・エース 181-1) [コミック]

■関連記事
【アニメ】「日常」第14話放映その3「ゆっこ、すごい土下座!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「花咲くいろは」第14話、これが私の生きる道 (ネタバレ注意)
(ネタバレ注意)新アニメ「異国迷路のクロワーゼ」第1話、それでも、ギャルリの家族になりたい。
mixiの足あと機能廃止について
海外でとんでもないサメが発見される【グロ注意】