いまインターネットのユーチューブで、一つのCM 映像が話題になっている。韓国の大手通信業者KTのクレジットがあり、「インターネットで大韓民国を世界に正しく知らせる若者たちがいます」と始まる。映像は、韓国の青年たちが打ち込んだパソコンから、Eメールを表わす紙飛行機が飛び出し、世界中にメッセージが届くというものだ。
 
 ただし、そこで届けられるのは、「日本海という呼称を韓国名の『東海』に改めよう」という主張である。近年韓国では、竹島を韓国領「独島」とアピールするのと連動して、日本海を「東海」に改めようというキャンペーンが展開されている。このCMもその一環だった。

「人々はいいます。全世界の地図の97パーセントが『日本海』と表記されているからあきらめようと。しかし私たちはいいます。全世界の地図のうち3パーセントが東海で表記されている、まずそこから始めましょうと」

「韓国が誇るネットの力を使って、『東海』の呼称を広めよう」と大手通信業者がアピールしているのだから、話は穏やかではない。

 KTに確認したところ、このCMが流れたのは2005年で、竹島や日本海問題に関しネットを中心に活動するNGO法人「VANK」を応援する目的だったという。

 そのCMを最近発見した日本のネットユーザーが騒ぎ立てているわけだが、あれから5年以上経ち、「韓国が誇るネットの力」が、大きな影響力を発揮し始めているのは事実である。

※週刊ポスト2011年7月15日号




■関連記事
新大久保の韓国学生との韓国語個人レッスン 参加費は300円
韓国の「日本海→東海」名称変更の狙いにロシアから援軍登場
韓国メディアによる「日本沈没」報道に韓国人「下劣」と批判
韓国「竹島不法占拠」の歴史 日本人の死傷者44人
韓国の原発 他国の半分のコストでも大事故起こさぬ実績あり