日本人材ニュースは、企業の人事採用担当者を対象に、政府が要請している新卒採用活動についてアンケート調査を行い、結果を取りまとめた。それによると、約4割の企業が入社3年以内の経験者についても新卒採用へのエントリーを受け付ける方針であることが明らかになった。調査は、日系・外資系企業200社の人事採用担当者を対象に実施し、72社(有効回答率36%)から回答を得た。


就業経験なしの既卒者は、6割超の企業がエントリー受付


 2011年3月に大学を卒業した学生の就職率(2011年4月1日時点、厚生労働省調べ)は、前年同期比0.7ポイント減の91.1%。過去最悪だった2000年の水準と並ぶ厳しい結果となった。

 厳しい就職活動の状況を受けて、政府は、「大学卒業後3年以内の既卒者に対する新卒枠での応募受付」などを企業の努力義務とし、経団連や業界団体等にも採用拡大を要請しているが、それぞれの企業はどのような採用方針で臨むのだろうか。

 企業の採用担当者に、「大卒後3年以内の既卒者(就業経験なし)」の新卒採用へのエントリーを受け付けるかを聞いたところ、63%の企業が「受け付ける」と回答した。「受け付けない」企業は12%、「未定」の企業は25%だった。

 「以前から既卒者のエントリーは受け付けており、入社実績もある」(素材メーカー)のように、すでに対応している企業もあり、業界団体や同業他社の動向も踏まえて、「未定」の企業の中か...(もっと読む

6月就職内定率53.4% 前年に接近 ディスコ
厳しい就活 学生の就職志望企業に変化
不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。