(ネタバレ注意)アニメ「デッドマン・ワンダーランド」第12話、それでも、あきらめない。

写真拡大


(画像:amazon.co.jp)
(C)2010 片岡人生、近藤一馬/角川書店/デッドマン・ワンダーランドG棟

第12話「救済(グレイトフル・デッド)」アニメ「デッドマン・ワンダーランド」第12話が放送された。

シロやガンタ達の前に現れたのは、「自由の鎖」のリーダー、剣ヶ峰凪だった。彼は、忘れていた何もかもを思い出し、生きる者全てへ憎しみをぶつける、修羅と化していた。彼は狂ったのか、それともそれが”正気”なのか。妻や子供が殺され、自分が受けた不幸を、生きる者全てへの憎しみへと変えてしまったのだ。
 
ガンタは、ただ殴られた。凪へ、希望を取り戻す事を訴え、ひたすら殴られた。
 
希望を見いだせないでいた凪の前で、かすかな希望を守り続けるガンタ。そんなガンタの姿に、凪は正気を取り戻してゆくのだった。
 
夢も希望も消え、その手に残されたかけがえのない真実。凪には、大切な仲間がいた。彼が見失っていた、しかしそれでも彼を支えようとしていた存在がいた。それは、「自由の鎖」のメンバー達だった。
 
修羅となった凪を変わらず支えてくれた唐子。彼女の言葉に、完全に正気を取り戻した凪。彼は、憎しみに動かされていたが、ただ救い、やすらぎをを求めていただけなのかもしれません。
 
ようやく、見失っていた希望が見え隠れしたかのように思った時、その希望は目の前で…。
 
救済(グレイトフル・デッド)アンダーテイカー・弦角。彼は人を、死をもって救済とする。

希望を持つ人間を、そして生きようとする人間へ”救済”を与える弦角もまた、過酷な過去の持ち主でした。
 
しかし、そんな彼を前に、守るものがあるガンタは引くわけにはいかない。

壊れてしまった心と、希望を守る心。果たして、強いのはどちらか…?

【記事:フェイトちゃん】
▼外部リンク
デッドマン・ワンダーランド
デッドマン・ワンダーランドBlu-ray 特装版 第2巻

■関連記事
【アニメ】BLADE 第一話 今後のストーリーへのフラグ立てとアクション演出が際立った
【コミック】【BL】「シマウマ」を読む。
【アニメ】「IS <インフィニット・ストラトス>」CS初放映決定!
【アニメ】「変ゼミ」第13話は横浜銀蠅な展開!(ネタばれ注意)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」8月26日に金曜ロードショーで放送決定