【アニメ】BLADE 第一話 今後のストーリーへのフラグ立てとアクション演出が際立った

写真拡大

(画像:公式サイト)
Blade:TM & ©2011 Marvel EntertaInment,LLC and Its subsidlarles.
Animated series:©2011 Superhero Anime Parthers.Allrights reserved.


ANIMAXで最近MARVEL作品を日本風にアレンジしたアニメが続いている。

今回は名作映画「BLADE」を日本を舞台にアニメ化し、7月1日から放送を開始した。

ヴァンパイアハンターとヴァンパイアの戦いを描く作品で主人公はヴァンパイアと人間とのハーフとして生まれた男「エリック・ブルックス」

四本牙のヴァンパイア「ディーコン・フロスト」を追うエリックは早速第一話で目的のディーコンと出会うのだが、返り討ちにあい血液を抜かれてしまう。
エリックにはヴァンパイアであるのに昼間も自由に行動できるという「デイ・ウォーカー」の能力があり、その血を狙われたのだった。

そしてヒロインである若き女性ヴァンパイアハンター「マコト」は父と共にヴァンパイアが巣食うクラブへと侵入し、乱戦となるが・・・。

「ものすごーく臭い。いくら香水を振りかけても無駄・・・全身から獣の臭いがプンプンしてんだよ!!」

坂本真綾のドS声で発せられるセリフには独特の色気がありますね・・・世のマゾ男子はたまらんでしょう。

この第一話では「エリックの血を抜いた」というのが一番のフラグになるように思う。

アクションシーンは演出がやや過剰な気もするが、コミック風な演出がいい味を出していた。

【記事・雨音】

▼外部リンク

ANIMAX BLADE 公式ページ

■関連記事
【コミック】【BL】「シマウマ」を読む。
【アニメ】「IS <インフィニット・ストラトス>」CS初放映決定!
【アニメ】「変ゼミ」第13話は横浜銀蠅な展開!(ネタばれ注意)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」8月26日に金曜ロードショーで放送決定
【コミック】【BL】「エレファントマン・ライフ」を読む。