集英社から新マンガ雑誌「JUMP X(ジャンプ改)」(480円/集英社)が6月25日に誕生しました。
 「JUMP」の名を冠していながらも、男性読者だけをターゲットにするのではなく、女性の心にも訴求する作品をセレクト。コンセプトは、"マンガを愛する読者の皆さんが「面白いっ!」と言っていただける作品を提供していく"こと。目指すは、漫画好きのための「純粋マンガ誌」です。

 新雑誌企画室長・田中純さん曰く「私は30年間、ヤングジャンプを中心に編集の仕事をしてきました。...(中略)...そんな私ですが、何年も思っていたことがあります。マンガが好きなこと、マンガを愛すること、そこには性別とか、年齢とか、どうでもいいことなんじゃないかと。青年コミックとか少年とか少女とか、おそらくマンガを愛する皆さんにはそんなジャンル分けなど意味のないことなのではないでしょうか」。

 その思いから生まれたのが「JUMP X(ジャンプ改)」。記念すべき1号の表紙と巻頭カラーを飾るのは、「のだめカンタービレ」の作者である二ノ宮知子の新作「87CLOCKERS」です。 
 そのほか執筆陣には、佐藤賢一&紅林直、増田こうすけ、渡辺ペコ、コナリミサト、ねむようこ、陽気婢、松橋犬輔、早川光&連打一人、小路啓之、石川優吾、村山渉、朔ユキ蔵、鍋田吉郎&高遠るい、銅☆萬福らが名前を連ねます。

 1冊の雑誌だとは思えないほど、さまざまなテイストの作品が掲載されている「JUMP X(ジャンプ改)」。
 まるで福袋のようなこの新雑誌は、今後どのような展開を見せるのでしょうか。当面は、週間ヤングジャンプの増刊として毎月25日に発売されます。



『"のだめ"作者の新作が巻頭! 純粋マンガ誌「JUMP X(ジャンプ改)」誕生』
 著者:
 出版社:集英社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『究極の「本好きのための本棚」とは? 二人のブックディレクターが再現』(2011年6月29日09:00)
『益若つばさ「25年間、男ウケを考えたことがなかった」』(2011年6月28日09:00)
『制限時間5分の書評大会「ビブリオバトル」が紀伊國屋書店で開催』(2011年6月27日13:57)


■配信元
WEB本の雑誌