アレッサンドラ・ファキネッティが「Uniqueness」で復帰、PINKO創設者とタッグ

写真拡大

 Tom Ford(トム・フォード)の後任として「GUCCI(グッチ)」を手掛けるなど、名立たるブランドでデザイナーを努めてきたAlessandra Facchinetti(アレッサンドラ・ファキネッティ)が、「PINKO(ピンコ)」の創設者Pietro Negra(ピエトロ・ネグラ)と共に「Uniqueness(ユニークネス)」プロジェクトを立ち上げる。

アレッサンドラ・ファキネッティ復帰の画像を拡大

 アレッサンドラ・ファキネッティは、ミラノの老舗ファッション専門学校マランゴーニインスティテュートオブミラノの卒業生。「MIU MIU(ミュウ ミュウ)」でデザイナーとしてのキャリアをスタートし、2004年に「GUCCI」のクリエイティブ・デザイナーに就任。わずか2シーズンで退任し、その後「MONCLER(モンクレール)」の高級ライン「GAMME BLEU(ガムブルー)」を手掛けた。2007年からは「VALENTINO(ヴァレンティノ)」のプレタポルテとオートクチュールのデザイナーを務め、2シーズンでブランドを辞任している。

 「ウェブサイトやソーシャルカルチャーなどを利用することで流通・リテールの活用法を再考する」というプロジェクト「Uniqueness」。「Uniqueness」についてアレッサンドラ・ファキネッティは、「私はこのプロジェクトに携わるチャンスが与えられた事を嬉しく思います。革新的で自由なDNAをブランドに息づかせたものにしていきたい」とコメント。ピエトロ・ネグラは、「このプロジェクトではテクノロジーに基づいた新たなマーケティング概念をハイレベルなクリエイティビティと融合させます」と述べている。