映画「フラガール」のモデルにもなった有名なフラガールたちが東京ドームを華やかに彩った

写真拡大

7月1日(金)、巨人公式戦が開催される東京ドーム(東京都・文京区)にて、福島県いわき市から来場したフラガールたちがフラダンスを披露。映画のモデルとしても話題となったこのフラガールたちは、東日本大震災で受けた未曾有の被害からの復興を目指し、“希望の象徴”として、同所に45年ぶりの凱旋を果たした。

【写真】多くの観客に福島の復興支援を呼びかけた

巨人公式戦試合前の球場にて、華やかなフラダンスを披露したのは、現在、大震災の影響で休館を余儀なくされている、福島県いわき市の大型レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」所属のフラガールたち23人。『フラガール・全国きずなキャラバン』と銘打ったイベントの一環として、同所に登場した。実は、45年前の「後楽園球場」でも彼女らの先輩がダンスを披露したことがあったが、今回は“いわき市への支援の輪を広げたい”と、同市のPRのために東京ドームに凱旋したという。

同日は多くの観客がドームに詰め掛けていたが、そんな場所でフラダンスを披露したことを、フラガールのリーダーは、「こんなにたくさんの人の中で、特に球場で踊るということはなかなかないことなので、とても楽しかったです」と、喜びのコメント。「45年前は、炭鉱の町から観光の町へと変換した時期に、いわき市の“希望の象徴”として参りましたが、今回は福島のがんばりを伝えに来ました。福島の人はものすごく元気で前向きにがんばっています」と、力強く語っていた。今後は、西日本地区ほかでの巡回公演も予定しているそうだ。

ちなみに、東京ドームは現在、「TOKYO SETSUDEN DOME 2011」というキャンペーンを実施中。被災地支援の一環として、福島県の工場で印刷された“SETSUDENうちわ”を配布しており、8月25日(木)までに開催される試合の5回裏終了後に、同うちわを使った応援合戦を繰り広げていくという。野球ファンはもちろん、福島を応援しよう! という人もぜひ駆け付けてみては? 【東京ウォーカー】

【関連記事】
「メゾンカイザー」や「BABBI」とコラボ! JALハワイ線のエコノミークラスがセレブ化 (東京ウォーカー(全国版))
“めちゃイケ流ハワイ”が登場! 「お台場合衆国2011」の概要が明らかに (東京ウォーカー(全国版))
“スライムつむり”のデザートも! ドラクエ誕生25周年で「ルイーダの酒場」がレベルUP (東京ウォーカー(全国版))