付録付きのファッション誌が大きく部数を伸ばすなか、ここ最近、書籍も付録付きのものが話題を集めるようになった。「美顔ローラー」や「シリコンスチーマー」といったそれらの商品は、もはや「付録」ではなく、それ自体が主役として書店に並べられている。「付録のために本を買う」なんてことは今やまったく珍しいことではない。

 このたび、主婦の友社が7月16日に発売する『携帯レスキュー そなえ君』(税込2990円)は、なんと「防災グッズ」を全面に押し出した付録付き本。とはいえ、多くの人はまさか書店に防災グッズが置いてあるとは思わないはずだ。

 iPhoneなどスマホにも対応した携帯充電機能のほか、LEDライト、ラジオなど「1台7役」を謳っているこの『そなえ君』。手回し式の充電機能を搭載し、電源がなくても稼動させることができるという特色を持つ。

 昨今、震災や節電の影響により防災グッズのニーズは高まっているかもしれないが、だからといって、書店にまで並べるという発想はなかった。『そなえ君』という名前も誰かが適当に思いつきで考えたようで、いかにも勢いありきの印象も受ける。とはいえ、主婦の友社はかなり本気のようだ。

 ネット上で公開している商品の公式PR動画には執行役員を名乗る男性が登場し、「こんなに小さくて7つの機能......。素晴らしい」と"絶賛"している。同社に確認したところ、この男性はなんと業界では名の知れた本物の主婦の友社の執行役員である、という......。

 ある意味で、出版社のたくましい「商売人魂」を感じさせる極めつけの「付録付」商品とも言えるだろう。

『携帯レスキュー そなえ君』公式PR動画
http://www.youtube.com/watch?v=2zM8swCHIpE



『出版社のたくましき"商売人魂"を感じさせる極めつけ「付録」本』
 著者:
 出版社:主婦の友社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『制限時間5分の書評大会「ビブリオバトル」が紀伊國屋書店で開催』(2011年6月27日13:57)
女子校出身者は生きづらい?〜『女子校育ち』(2011年6月27日09:01)
『ネイティブ英語を目指さない! 発想の転換が生んだ「新・英語術」って何?』(2011年6月27日09:00)


■配信元
WEB本の雑誌