2010年春夏シーズンにレディースのプレタポルテラインをスタートした「CARVEN(カルバン)」が、メンズラインの展開をスタートした。先日発表されたデビューコレクションでは、ブランドらしいソフトな印象のルックを披露。日本での展開も予定されている。

「CARVEN(カルバン)」にメンズラインの画像を拡大

 レディース・メンズ共に「CARVEN」のプレタポルテコレクションを手掛けるのは、デザイナーGuillame Henry(ギョーム・アンリ)。ギョーム・アンリは、パリのBeaux Arts(ボザール)などを卒業した後、2002年より「GIVENCHY(ジバンシー)」のメゾンに入りアーティスティック・ディレクター Riccardo Tisci(リカルド・ティッシ)のシニア・スタイリスト兼ファーストアシスタントを務めるなど多彩な職歴があるデザイナー。今年の3月には、パリのサンジェルマン・デ・プレに世界で初となるウィメンズ・ブティックをオープンさせている。

 「CARVEN」のメンズデビューコレクションでは、レディースで展開する世界観をそのまま落とし込んだようなルックを披露。ベージュやライトブルー、ホワイトなど、淡い色合いを散りばめたウェアでブランドらしさを表現しており、シャツスタイルをベースにニットやジャケットなどを用いて洗練された雰囲気を提案している。

■「CARVEN」公式サイト
http://www.carven.fr/