赤坂食肉センターのゆかなちゃん

写真拡大 (全3枚)

 普通に飲食するだけじゃない、選りすぐりの美女たちが接客してくれる「美人酒場」がサラリーマンたちの間で話題となっている。その中のひとつ、美しすぎる読者モデルが肉を焼いてくれる『赤坂食肉センター』(東京・赤坂)をリポート。進化する美人酒場の実態とは???

 * * *
 3月のオープン後、焼肉業界を襲った食中毒問題も乗り越え売上げはずっと右肩上がり。その理由は肉自体の良さもさることながら店員の美脚にあった!

 ここは芸能プロダクションに所属している読者モデルが肉を焼いてくれる店なのだ。A4ランクの国産牛リブロース(1800円)を手際良く焼いてくれたもえちゃんはまだモデルの卵だが、この美脚を維持するために筋トレは日課なんだとか。“生肉”は自粛しているようだが、ホットパンツから伸びるスラっとした“生脚”は見放題です。

 ちなみにこの店では、お肉を焼いてくれた女の子にチップを払うこともでき、「このチップは事務所を通さずに私たちにそのまま入ります。私たちのモチベーションアップのため是非!」(ゆかなちゃん)という。

■赤坂食肉センター
【住所】東京都港区赤坂2-14-11赤坂RITZビル1F
【営業時間】昼11時半〜14時半、夜17〜23時
【定休日】土・日・祝日

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2011年7月8日号




■関連記事
「女の子は顔で選んだ」と女性店長が胸を張る焼肉店『雌牛』
「伊賀牛」炭火焼きにかぶりつけば肉汁の旨みが口にジュワー
華麗な容姿の人気モデル・相沢紗世 瞳と美脚を撮り下ろし
プラモデル製造者 一体制作で10〜30万円もらえる人もいる
林葉直子 BカップからFカップに豊胸手術でイメージUP