型物と手びねり

写真拡大


いきなりなんなんだ!という感じでしょうが
これ、皆同じ鍾馗さんです。

京都代表


写真に掲載したのは、京都市内の丸太町通より北側だけで収集したもの。
京都市全体で、この鍾馗さんは400体以上見つかっていて、
実際にはその倍くらいはあるかもしれません。
基本的に同じポーズですが、表情や細部に微妙な違いがあったり、
サイズ違いも存在していて、細かいバリエーションまでは分類しきれていません。

050_omiya_kuramaguchi


■関連記事
単行本『東京ノスタルジック喫茶店2 郷愁の喫茶を訪ねて』出版のお知らせ
バケーションのついでに見ておきたい南国沖縄の給水塔
街灯鑑賞入門編
「マニアパレル」歯車&廃線
世界初のガスタンク写真集『ガスタンク・グラフィティ』出版のお知らせ