パリ老舗スタジオが映した映画スターの肖像がシャネル銀座に

写真拡大

 「CHANEL(シャネル)」が6月25日より、1934年にパリで創業したフォトスタジオ「スタジオ アルクール パリ」の77年にわたる神話と軌跡を辿る写真展を東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催する。同展ではBrigitte Bardot(ブリジット・バルドー)やCatherine Deneuve(カトリーヌ・ドヌーヴ)、Jean Reno(ジャン・レノ)などスタジオで撮影された名優達のモノクロポートレイトが一堂に会する。会期は7月18日まで。

【画像をもっと見る】

 白黒映画全盛時代の1934年、パリで画期的なコンセプトのフォトスタジオ「スタジオ アルクール」がコゼット アルクールによって設立された。コゼットは映画に使われた効果的な照明技術を応用して、奥行と立体感を際立たせると同時に、人物の内面に徹底して焦点を当てた肖像写真を撮影。白黒映画にインスピレーションを得た「スタジオ アルクール」独自の表現は当時の社交界をはじめ著名人らから高く評価を得ており、フランスの思想家ロラン バルトが著書「現代社会の神話 」(1957) のなかで「フランスにおいては、スタジオ アルクールでポートレイトを撮影しないうちは、スターではない」と評したという逸話も残っている。そして77年経った現在も、「スタジオ アルクール」では設立当時の映画撮影と同じ照明技術を使用。モダンなタッチと独自のテクニックから生まれる"アルクールスタイル"への敬意は現代へと引き継がれている。

 シャネル・ネクサス・ホールで開催される「スタジオ アルクール パリとフレンチシネマ- 77年の神話と軌跡 -」では、「スタジオ アルクール パリ」が撮影してきた名だたる映画女優・俳優達のポートレイトを展示する。Jean Marais(ジャン・マレー)やAlain Delon(アラン・ドロン)、Jeanne Moreau(ジャンヌ・モロー)、Virginie Ledoyen(ヴィルジニー・ルドワイヤン)、Marion Cotillard(マリオン・コティヤール)など銀幕のスターが一世を風靡していた当時から現代まで、77年にわたる歴史のなかで映し続けてきた名優達を一挙公開。「スタジオ アルクール」の神話と軌跡をたどるとともに、20世紀はじめから今日に至までのシネマ界の変遷を楽しむことができる。

■スタジオ アルクール パリとフレンチシネマ- 77年の神話と軌跡 -
開催場所:シャネル・ネクサス・ホール 東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
会期:2011年6月25日(土)〜7月18日(月)  12:00〜20:00 (入場無料・無休)
問い合わせ先:シャネル・ネクサス・ホール事務局 03-3779-4001
シャネル銀座ウェブサイト:http://www.chanel-ginza.com