(ネタバレ注意)アニメ「神のみぞ知るセカイII」第11話、全てに行き詰まり、希望を失った時。

写真拡大


(画像:amazon.co.jp)
(C)若木民喜/小学館・落とし神駆け魂隊・テレビ東京

第11話「いつも心に太陽を」TVアニメ「神のみぞ知るセカイII」第11話が放送された。

生徒達は、教育実習生・純の熱血ぶりについていけず、徐々に離れていってしまう。それにショックをうけた純。生徒に怒鳴ってしまったが、その分彼女自身も傷ついていた。

純は思い悩んでいたが、いつも気力の源となり、彼女を元気づけてきたプロレスを観戦しに出かけるのだった。

そんな彼女を攻略するべく、桂馬はエルシィの特製チケットを使って待ち伏せを行うが…。
 
同じ座席のチケットが2枚。純は自分の座席を見つけるが、そこにはすでに客が座っていた。それは他の誰でもない、桂馬だった。ダブルブッキングで、泣く泣く諦めようとしていた純の手を引き、桂馬は1つの席で半分ずつ座る事を提案する。
 
生徒と教師なのに、それはまずいと制止しようとする純だが、試合が始まってしまうと夢中になり、興奮状態に陥るのだった。

お前が、潰したんだ。試合を観戦する中で、生徒達が自分からはなれていく事をふと思い出してしまいます。そんな純に、桂馬は彼女がかつてキャプテンだった頃のバスケットボール部を、彼女自信が原因で潰れてしまったのだと指摘するのでした。
 
理想を掲げる事。それはとても大事な事ですが、それが皆へのプレッシャーとなり、重荷となってしまう事。がんばればがんばる程、皆が離れて行ってしまう事を、ついに痛感してしまいました。

何もかもが、うまく行かない。大きな壁の前に、ついに泣き叫んでしまう純。

彼女は一体どうしたらいいのか。そして、そんな純に桂馬は…?

【記事:フェイトちゃん。】 
▼外部リンク
神のみぞ知るセカイII
神のみぞ知るセカイII ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

■関連記事
【アニメ】「そふてにっ!」第12話は夢の中での思い出な展開!(ネタばれ注意)
(ネタバレ注意)TVアニメ「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」第12話、私は忘れない、地獄から来たヒーローがいた事を。
【コミック】「キムチ」を読む。
【コミック】「たぷたぷだいあり」を読む。
【コミック】「ビギン・ザ・ビギン」を読む。