6月25日、ユニクロは東日本大震災のチャリティTシャツ『SAVE JAPAN!UT』の発売を開始しました。レディー・ガガやニコール・キッドマンなど、世界的著名人のメッセージがあしらわれたもので、価格は1500円。雑誌『VOGUE JAPAN』、『GQ』の呼びかけで、救済支援情報サイト「SAVE JAPAN」と協力して企画されました。およそ1億円になる利益は、すべて義援金として日本赤十字社に寄付される予定です。

 このTシャツ制作に賛同したのは、世界的に活躍する有名人ばかり10人。歌手のレディー・ガガ、シンディ・ローパー、俳優の二コール・キッドマン、オーランド・ブルーム、シャーリーズ・セロン、ブレイク・ライヴリー、グウィネス・パルトロウ。そして、有名ブランドのアートディレクターを務めるカール・ラガーフェルド(シャネル)や、アルベール・エルバス(ランバン)ら、超一流のセレブたちです。彼らの応援メッセージが、白地のTシャツにデザインされています。

 たとえば、震災直後、日本でのツアーを予定通り行い、いち早く支援を表明したシンディ・ローパーのTシャツには、こんなメッセージが施されています。

 「地球はひとつ。私たちはひとつ。私の心はあなたとともにあるから。がんばって」(原文は英語。「がんばって」のみ原文のまま)

 全世界の店舗やオンラインショップで販売中です。







■ 関連記事
『ネットで叩かれやすい企業の共通点とは?』(2011年6月19日14:08)
『ワンピースのサンジに学ぶ「生きる力」』(2011年6月18日08:36)
震災復興会議に参加の安藤忠雄「落選ばかり」と半生振り返る〜『連戦連敗』(2011年6月17日14:35)


■配信元
WEB本の雑誌