社会人の為の「やわらか契約書」作成術
テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より


お疲れ様です。こちら弊社代表取締役社長、出澤のブログでございますが、出澤の執筆ペースが芳しくないので、本日も社員のスエヒロが代打で「会社」や「社長」について書かせて頂きたいと思います。センター返しの気持ちで宜しくお願いします。

契約書

会社で働いていますと、他の会社や個人の方といわゆる契約を結んで仕事を進めることがしばしばありますよね。そして契約と言えば契約書。普段はあまり馴染みのない、いわゆる「硬い」言葉が沢山登場する契約書。私の場合、職域的にあまり馴染みがないので、たまに契約書に目を通さないといけない場面になりますと、古畑任三郎ヨロシク、オデコに手を当てて首を振っている毎日です。ンー、フッフッフッフ、イバイズミクーン(スポットライトの下よりお届け)。

一方、弊社代表取締役社長である出澤でございますが、契約といえば「悪魔くん」という決め打ちで、社長のデスクのまわりに魔方陣を描きエロイムエッサイム、悪魔が呼び出せないか2〜3回試している毎日。今日も元気です。今度オカリナでも贈ろうかなと思ってます。

そんなバランガ出澤はさておき(バランガはクジラの妖怪だそうです)。やはり社会人として「契約書」は、避けて通れない鬼門。契約書に対する苦手意識をなんとか克服したいところですよね。そこで任三郎ばりに色々考えてみたんですが、まずは契約書の「硬い」表現を「柔らかく」してみてはどうかと思いまして。どいうことかといいますと、例えばですね、


株式会社ライブドア((以下、「甲」という。)と株式会社スエヒロ(以下、「乙」という。)は、乙が甲に対して、コンテンツの製作等を委託し、甲がこれを受託することに関し、以下のとおり、業務委託契約を締結する。

このような文言が契約書にあるとしますよね。なんとも硬いイメージです。「甲」とか「乙」とか、まあ日常生活で使わない言葉ですよね。この「甲」「乙」をもっと柔らかい表現にしてみましょう。



株式会社ライブドア((以下、「いちご」という。)と株式会社スエヒロ(以下、「りんご」という。)は、りんごがいちごに対して、コンテンツの製作等を委託し、いちごがこれを受託することに関し、以下のとおり、業務委託契約を締結する。

甲をいちご、乙をりんごに変えてみました。かなり柔らかい表現になりました。これならいつもの堅苦しい契約書が、すこし可愛げのあるファンシーな空気を出し始めますよね。さらに別パターンで。




株式会社ライブドア((以下、「うさぎさん」という。)と株式会社スエヒロ(以下、「いぬくん」という。)は、いぬくんがうさぎさんに対して、コンテンツの製作等を委託し、うさぎさんがこれを受託することに関し、以下のとおり、業務委託契約を締結する。

甲をうさぎさん、乙をいぬくんに。契約書を読むだけで心の中に広がる愉快な動物たちの森の風景。はらぺこあおむし、機関車トーマスの次は、契約書でしたね。小さなお子様にもわかりやすい契約書です。



株式会社ライブドア((以下、「アルファ」という。)と株式会社スエヒロ(以下、「ブラボー」という。)は、ブラボーがアルファに対して、コンテンツの製作等を委託し、アルファがこれを受託することに関し、以下のとおり、業務委託契約を締結する。

甲をアルファ、乙をブラボー。これは男子向けの表現ですね。ミリタリー色溢れる呼称で、いつもの契約書がちょっとした作戦書に早替わり。ティアドロップサングラスにパイプを加えたおじさんと交わしたい契約書になりました。更に登場人物が増える場合はチャーリー、デルタ・・と続けましょう。



株式会社ライブドア((以下、「ATSUSHI」という。)と株式会社スエヒロ(以下、「HIRO」という。)は、HIROがATSUSHIに対して、コンテンツの製作等を委託し、ATSUSHIがこれを受託することに関し、以下のとおり、業務委託契約を締結する。

エグザイルですね。時代の流れにのったレッツキャリーオンな契約書になりましたね。契約を交わす時には、先方の担当者と息のあったグルグルダンスを決めたいところです。弊社〜、御社〜、弊社〜って



株式会社ライブドア((以下、「みゆき(鹿島みゆき)」という。)と株式会社スエヒロ(以下、「みゆき(若松みゆき)」という。)は、みゆき(若松みゆき)がみゆき(鹿島みゆき)に対して、コンテンツの製作等を委託し、みゆき(鹿島みゆき)がこれを受託することに関し、以下のとおり、業務委託契約を締結する。

みゆきですね。 ちょっとややこしいですが、胸がキュンとする甘酸っぱい契約書になりました。古い契約書のなかに〜隠れて思い出がいっぱい。ちなみに、みゆき(若松みゆき)のほうが妹です。




株式会社ライブドア((以下、「木久蔵」という。)と株式会社スエヒロ(以下、「楽太郎」という。)は、楽太郎が木久蔵に対して、コンテンツの製作等を委託し、木久蔵がこれを受託することに関し、以下のとおり、業務委託契約を締結する。

笑点です。顔が思い浮かぶので、わかりやすい契約書になりましたね。色でも覚え易いですし。ただし襲名などで名称が変更になる場合があるので、その場合は両社で訂正印が必要になりますので要注意。


以上となります。少しは苦手意識が薄れた気がしますね。

ライブドアで柔らかい考え方のできるスタッフを募集しております。
株式会社ライブドア - 採用情報
以上、宜しくお願い致します。
続きを読む

この記事の元ブログ: 社会人の為の「やわらか契約書」作成術


最新の人気記事はコチラ
フリーイラスト画像で作る「明るいエヴァンゲリオン」
「第一回威格闘技」の撮影に参加してきた
マリオはスターを取ると何故無敵になるのか?
ドラクエの給料明細を考える
きみ、なにバックス?
『笑点』の観覧時に歌丸師匠の横の席になってしまった場合について
インタビュー MR.SUMIことスミマサノリさん