【バーゼル新作情報】パテック フィリップが『5216モデル』を発表!
Patek_5216R_a.jpg2011年3月24日〜31日、スイスで開催されたバーゼルワールドにて、PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)は、『5216モデル』を発表しました。

ミニット・リピーター、トゥールビヨン、レトログラード日付表示永久カレンダー搭載の、完璧な正確性と音楽を奏でるタイムピースとして伝説的なアイテムの登場です。

全て受注生産によって、今秋以降発売予定です。

(写真は、『5216モデル』時価)
この『5216モデル』は、1993年のリリース以来コレクターから絶大な支持を受け続けてきた『5016モデル』の後継モデル。『5016モデル』は、2001年に『パテック フィリップ・スカイムーン・トゥールビヨン5002モデル』が誕生するまで、最も複雑な現行コレクション・タイムピースの地位を保持していました。そして新しい『5216モデル』は、パテック フィリップのグランド・コンプリケーション中、その複雑さにおいて『スカイムーン・トゥールビヨン5002モデル』、新しいグランド・コンプリケーション『5208Pモデル』、2008年に発表された『5207Pモデル』に続き、第4位を占めています。




Patek_5216R_b.jpg『5216モデル』、時価




このモデルを含め、パテック フィリップのミニット・リピーター搭載のタイムピースの最大の特徴は、その比類のない音です。
パテック フィリップは1844年以来、ミニット・リピーター搭載の懐中時計を製作しており、非常に高度な技術と長く続く伝統を持っています。チャイムと表示される時刻を、微小な櫛歯、蝸牛カム、ハンマー、ゴングから構成されるシステムによって完全に同期させる技術を完璧にマスターしており、音をつくり出す方法も非常に高度に作られています。
共鳴スペースが大きいほど豊かで重厚な音色を得ることができることから、『5016モデル』のケース径は36.80mmであったのに対し、『5216モデル』は39.50 mmという大きなケース径を有しており豊かな音色を奏でることができます。完成した各々のタイムピースの持つパテック フィリップに特有な音色のクォリティは、防音室の中で個別に分析され徹底した品質管理を行っています。ティエリー・スターン社長とフィリップ・スターン名誉会長によって実際に長時間にわたり忍耐強く試聴され、その比類のないタイムピースが将来のオーナーに納入されるべきか、またはさらに工房で音響学的に改善すべきかの判断が行なわれることによって、パテック フィリップの高いクォリティを保っています。




「音楽を奏でるタイムピース」としての特徴以外に、完璧な正確さを保証するトゥールビヨンと永久カレンダー、ムーンフェイズもこのタイムピースの性能を表しています。
パテック フィリップ・シール認定規準によると、トゥールビヨン搭載タイムピースの許容日差は、- 2 〜+ 1 秒/日です。各々の『5216モデル』の歩度調整には数か月がかけられ、その結果は個別の歩度証明書により保証されています。
また日付、曜日、月、閏年サイクルを西暦 2100 年まで自動的に判別する永久カレンダー機構を搭載しており1日でなく2 ~ 3 日に停止する欠陥を解決。6時位置のサブダイヤルに設けられた窓に月の満ち欠けを表示するムーンフェイズは、122年45日で 1 日の誤差という驚異的な精度を誇っています。このような詳細なディテールがタイムピースの長期にわたる信頼性と精度を保証し、パテック フィリップのグランド・コンプリケーションにおける高度な技術・ノウハウを立証しています。


Patek_5216R_a.jpgデザインは至ってシンプル。
ゴールドとホワイト、ブラウンが非常にエレガントな雰囲気を作り出しています。



さらにデザインとしては、シンプルかつエレガント。
外から見ただけでは内部の複雑さやその技巧はうかがい知ることはできませんが、操作が容易で最高の視認性を誇っています。クラシックなハンド・ステッチのアリゲーター・バンドがさらに洗練された雰囲気を高めており、複雑な機構により容易な操作を保証する18金ローズゴールドの折り畳み式バックルが装着されています。



『5216モデル』は、最も複雑な腕時計のひとつであり、同時にシンプルで控え目な外観の中に比類のない高度な技術を秘めているのです。





 【パテック フィリップ5216モデル】

 ■基本情報
 ・価格        : 時価
 ・発売        : 受注生産、受注受付中 
 ・パワーリザーブ   : 約48時間
 ・サイズ       : 39.50mm(ケース径)、12.23mm(厚さ)
 ・振動数       : 21,600振動/時
 ・表示        : 時針・分針、レトログラード日付表示、曜日、月、
            ムーンフェイズ、閏年サイクル、スモールセコンド
 ・ケース       : 18金ローズゴールド

 ■ムーブメント『キャリバーR TO 27 PS QR LU』
 ・仕様        : 手巻ムーブメント、ミニット・リピーター、トゥールビヨン
             レトログラード日付表示永久カレンダー   
 ・サイズ       : 28mm×8.6mm
 ・石数          : 28石
 ・部品総数      : 506個



 【問】パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター tel:03-3255-8109
 URL: http://www.patek.com





■関連記事
【バーゼル新作情報】ブライトリングが『モンブリラン01リミテッド・エディション』を発表!
【バーゼル新作情報】ベル&ロスが 『ヴィンテージ オリジナル カーボン』を発表!
【バーゼル新作情報】ウブロが『キング・パワー ミニッツリピーター クロノトゥールビヨン カーボン』を発表
【バーゼル新作情報】ショパールが『ミッレ ミリア GT XL クロノ ロッソコルサ』の新モデルを発表
【バーゼル新作情報】ブライトリングが『トランスオーシャン』『トランスオーシャン・クロノグラフ』を発表!
【バーゼル新作情報】タグ・ホイヤーが『モンツァ オートマティック クロノグラフ』を発表!
【バーゼル新作情報】ルイ・ヴィトンが『タンブール オートマティック クロノグラフ』を発表!
【バーゼル新作情報】ブレゲが 『タイプ トゥエンティワン - チタンモデル』を発表
【バーゼル新作情報】ブランパンが 『ヴィルレ アニュアルカレンダー GMT』を発表
【バーゼル新作情報】オメガが『シーマスター1948 "ロンドン2012"限定モデル』を発表