走る芋・鰻・明太子... NIKEからユニークなご当地Tシャツ発売

写真拡大

 「NIKE SPORTSWEAR (ナイキ スポーツウェア)」が、国内各地域限定のご当地Tシャツを7月上旬からリリースする。日本を「北海道・東北」、「関東」、「中部・北信越」、「関西・四国・中国」、「九州・沖縄」と5つの地域に分割。日本各地の名産フードや各地域の方角を示す風車ナイキをモチーフとした、各エリアでしか販売されないオリジナルデザインTシャツとなっている。

NIKEからご当地Tシャツの画像をもっと見る

 「NIKE SPORTSWEAR」から販売されるご当地Tシャツは、各地域に2種ずつ展開される。「NIKE」のシューズを履いて走っているフードがユニークな「TASTES LIKE VICTORY TEE」には、それぞれの地域を代表する名産フードがデザインソース。北海道・東北エリアからは北海道の名産ポテト、関東エリアからは江戸前うなぎ、中部・北信越エリアからは名古屋名物エビ天、関西・四国・中国エリアからは大阪名物のたこやき、そして九州・沖縄エリアからは福岡名産の明太子をセレクト。それぞれをキャラクター化し、「Tastes Like Victory」というキャッチコピーのもとゴールテープを切っている姿がプリントされている。一方の各地域の方角を示した「SUNBURST TEE」に使用されたのはオールドナイキ好きにはたまらない風車ナイキ。「SUNBURST TEE」では、ナイキランニング定番のピンウィールロゴに「NORTH」、「EAST」、「CTRAL」、「WEST」、「SOUTH」の文字がプリントされ「TASTES LIKE VICTORY TEE」とは違うテイストのデザインとなっている。

 「NIKE SPORTSWEAR」は、2008年にもご当地限定アイテムとして「NIKE DUNK(ナイキ ダンク)」を発売。東京、名古屋、福岡、大阪の4都市を舞台にそれぞれの都市にインスパイアされたオリジナルデザインので「NIKE DUNK」を展開している。