専門分野に特化した人材紹介会社ロバート・ウォルターズ・ジャパン(ロバート・ウォルターズ日本法人、東京都渋谷区、デイビッド スワン社長)は、3月15日〜5月4日の期間、本社グローバル・ウェブサイトで実施した世界的なアンケートをまとめ、このほど結果を発表した。(有効回答数3261件)

 調査によると、日本で働く専門職のうち約3割に当たる27%が昇給を受けていないことが分かった。それ以外は、ほぼ半数の44%が1〜5%の昇給、16%が6〜10%の昇給、2%が11〜20%の昇給、11%が21%〜を上回る昇給を受けている結果となった。

 他のアジア各国で10%以上という昇給幅を見ると、中国45%、タイ26%、マレーシア24%、シンガポール22%、香港21%となっている。2011年はアジアが世界の中で昇給割合が最も高かったが、日本は13%にとどまっている。

 一方、2011年に昇給が全くなかった専門職の割合が特に高かったのは、アイルランド65%、ニュージーランド49%、ベルギー39%、オーストラリア同35%だった。

 同社では、「2011年初めにはわずかながら回復の兆しが見られたものの、3月の震災以来日本企業には慎重な姿勢が目立っています。これが、とりわけ不振にあえぐ製造業において昇給が見られない要因となっている可能性があります。関西に一時的に拠点を移した企業の今後を判断するのは時期尚早だが、長期的な移転が決定的になれば、東京を拠点とする企業からスペシャリストを呼び寄せ、一流の人材を手放さないよう、昇給が行われる可能性があると思います」(ナサニエル・ペンバートン大阪オフィスマネジャー)とコメントしている。

業績回復で賃金改善の傾向
大多数が、仕事帰りは「まっすぐ帰る」
20代未婚女性の97%が「仕事をしながら出産・育児をすることに“不安”」

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。