眠れない夜に……2011年の月の1年の動きをぐるぐる〜っと2分半で観られちゃう動画

写真拡大




なんだか眠れない夜ってありませんか?
そんなときは空に目を向けて、月を眺めてみてはいかがでしょう。
といっても、曇りの日も雨の日もありますし、月が見えない方角のお部屋に住んでいることもありますよね。

今回は、梅雨時期でも心配無用! 本当の空に月が見えなくても、お部屋にいながら月を堪能できる“2011年の1年間の月の満ち欠けを2分半で観られる動画”をご紹介します。

こちらは、 ゴダード宇宙飛行センターのサイエンティフィックビジュアリゼーションスタジオが、月探査機のデータを元に、2011年の月はどう見えるかを再現したビデオだそうです。
首を振るような動きや軸のずれなど、いつも静かに見える月がこんなに動いているんだ! と少しビックリするかもしれません。

とにかく2分半の間、ずっとぐるぐる、ゆらゆらと回っているので、なかなか眠れない人や宇宙空間を漂っている気分を味わいたい人にはよさそうです。

月の存在を改めて感じるのもよし、ただボーっと眺めるのもよし。
いつでもどこでも暗黒に浮かぶ月をどうぞ。


One Year of the Moon in 2.5 Minutes『YouTube』
http://youtu.be/F9pVaTQinIw

参照:「One Year of the Moon in 2.5 Minutes」2011年06月14日『UNIVERSE TODAY』
http://www.universetoday.com/86613/one-year-of-the-moon-in-2-5-minutes/

※この記事はウェブライターの「おひさま☆」さんが執筆しました。
おひさま☆:好きなものは、ジュゴン、クラゲ、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコ。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」詩や絵本のお話も書きます。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活を夢見て、日々生きています。

■関連記事
「LOSTAGE」音源違法アップロードの件から今一度考える
スタジオジブリの「原発ぬきの電気で映画をつくりたい」メッセージ、もっとよく見てきた
Googleストリートビューにジブリの宮崎駿監督らしき人が写りこんでいる
福島原発から“40キロ圏内”で働く会社員の友人に話を聞いた
「鼻から牛乳〜」ならぬ“鼻から胃カメラ”がこれからのトレンド!?