【2011-12秋冬新作情報】イブ・サンローランから60年代調のスタイリングが登場
YSL_collection_a.jpgYVE SANIT LAURENT(イヴ・サンローラン)の2011-12秋冬コレクションは、「YSLシグネチャー」、「テディーボーイ」、「60’sへの回帰」などをコンセプトに展開。全体的に細身のシルエットをが強調され、60年代を想起させるスタイルが多く登場。
なかでも象徴的なのが、写真のジャケットとパンツのスタイリング。非常に幅の狭いダブルブレストジャケット、そしてやはり細身のくるぶし丈パンツの組み合わせ。
クリエイティブ・ディレクター、ステファノ・ピラーティが今季仕掛けるバランスです。



(写真は、60年代を想起させる象徴的なスタイル。ジャケット38万8500円、パンツ15万7500円9月頃発売予定)






「モードの帝王」、「色の魔術師」などと称されたイヴ・サンローランは、1962年にレディースのオートクチュール部門を創業、1966年にプレタポルテ「イヴ・サンローラン  リブ・ゴーシュ」のブティックをパリに開設。60年代から70年代にかけて、オートクチュール(高級注文服)から既製服へ、モードの中心を移す革命的な役割を果たしました。

2005年にクリエイティブ・ディレクターに就任したステファノ・ピラーティは、「プロポーションとシルエットの達人」と呼ばれる存在。今回も、斬新なシルエットに挑戦しています。


YSL_collection_a.jpg
60年代調のタイトなシルエットのスタイリング。すべて2011年9月頃発売予定。
ジャケット38万8500円、パンツ15万7500円、シャツ8万2950円、
タイ1万6800円、靴26万2500円(参考素材)/すべてイヴ・サンローラン



ジャケットは60年代をベースにしたモダンでオリジナルなショルダー、際立ったゴ―ジライン、タイトなフィッティングのシルエットとなっています。また、パンツも細身のシルエットで、裾幅17cmのくるぶし丈となっています。

素材はジャケットはウール&モヘア、パンツはドットモチーフのウールのオリジナルファブリックを使用。

映画『イヴ・サンローラン』をご覧になって、彼が創り出したモードが世界に与えた影響力を知って驚いた方も多くいたことでしょう。現代に生きるステファノ・ピラーティも、ソーシャルメディアを積極的に活用するなど、モードが一部の人たちだけの小さな世界にとどまることなく、世界中の多くの人に伝播するよう積極的に働きかけています。

60年代という過去のスタイルをモチーフに、モダンな提案をするイヴ・サンローランの秋冬コレクション。ぜひチェックしてみてください。


 【問】イヴ・サンローラン tel:0570-016655
 URL: www.ysl.com






■関連記事
【2011-12秋冬新作情報】ランバンからムートンのアビエイター・ジャケットが登場
【2011-2012秋冬新作情報】ブリオーニからカシミア原毛を使用したスーツが登場
【「東日本大震災」復興支援】ストーンアイランドがチャリティTシャツを発売!
衣食住提案型コンセプトストア「プレインピープル」2月25日、丸の内にオープン!
ゴルフでも!脚長効果と抜群の履き心地を!ヤコブ コーエンからゴルフエディションが登場!
表参道ヒルズに期間限定ショップ「ASPESI SEASON STORE」がオープン!
ジャンポール・ゴルチエの世界初の新コンセプトショップ「ジャンポール・ゴルチエ 銀座店」がオープン!
最高に贅沢なカシミアを使用したエルメネジルド ゼニアのキルティングアウターウエア
ラコステ×BEAMS究極のコラボ!鹿の子ジャケット発売開始
マッキントッシュのウェブサイトがOPEN!