「レイトン教授」ブランドを初のソーシャルゲーム化
株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社レベルファイブは、ソーシャルゲーム事業においてグローバル展開も含めた包括的な業務提携に合意したと発表。

その第1弾の展開として、両社の人気シリーズである「レイトン教授」シリーズと「ロワイヤル」シリーズのコラボレーションタイトルである、「レイトン教授ロワイヤル」を2011年秋の提供開始を目標に共同開発することも発表。本作は、まずは国内向けにフィーチャーフォン版を2011年秋頃に提供開始し、その後、スマートフォン(ブラウザ)版への対応も行われる。
また、DeNAとLEVEL5は、今後国内だけではなく海外でもファンの多い「レイトン教授」ブランドを、ソーシャルゲームという新しい形で世界に向けて発信していく予定としている。
レイトン教授ロワイヤル

「レイトン教授」シリーズは国内外約1200万本を出荷している人気のアドベンチャーゲーム。
一方、「ロワイヤル」シリーズは、シリーズ内でも不動の人気タイトルである「怪盗ロワイヤル」がユーザー数1000万人を超えるなど、国内最大級のソーシャルゲームとなっている。

レイトン教授ロワイヤル_イメ

<フィーチャーフォン版『レイトン教授ロワイヤル』概要>
・提供予定 :2011年秋頃
・ジャンル:推理RPG
・利用方法:フィーチャーフォン版「Mobage」への会員登録後、利用可能
・利用料:アイテム課金制

(c) 2011 LEVEL-5 Inc. / DeNA Co., Ltd. All rights reserved.

■関連記事
USERJOY JAPAN、「三国群英伝ONLINE2」の日本提供を決定
「ドラゴンクルセイド2」の新作タイトル「ドラゴンクルセイド2F」事前登録開始
【うちの本棚】第七十一回 ゴジラVSメカゴジラ 決戦史
【おた日和】第六十二話 もうすぐこの季節
九州に「戦国BASARA」上陸!グリーンランドで期間限定イベント開催