最近よくテレビで見かけるのが、タレントのローラ。誰とでも“タメ口”で話し、会話の合間にペロッと“舌を出す”のが面白がられているのだが、一体何者なのだろうか。

6月20日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したローラ。実は今回が、2回目の出演であるという。なんと初めてのテレビ出演がこの『しゃべくり007』で、その時は雑誌『ViVi』のモデルとして3人で出演した。このときのメインは藤井リナだったのだが、誰とでもタメ口で喋るローラのキャラが際立っていて、強烈な印象を残した。この回の番組放送後に、彼女への出演依頼が増えたのだという。

タメ口と並んでローラの特徴が、ペコちゃんのように舌を出したり頬をプーッと膨らませたりするしぐさ。まるで漫画に出てくる女の子のようだが、生身の人間がやって許されるのはせいぜい幼稚園くらいまでの女の子だと思っていた。ところが今や松本人志(ダウンタウン)まで、ローラの真似をしている。

彼女曰く「とてもシャイなので、照れ隠し。」なのだそうだが、他の人がやってみるとどうも気持ち悪いだけになってしまう。コツは、“メールの文章に使う、絵文字のような感覚”で会話に取り入れること―だそうだ。皆さんの中で(あまり、いないだろうが)ローラの真似をしたい方はこれを参考にして、挑戦してみてほしい。

普段でもこのキャラだという、ローラ。有田哲平(くりぃむしちゅー)は、今の芸能界での一押しの女性がローラだと言い、本気で結婚したいとまで言い切った。「きれいでスタイル抜群、性格も明るくて一緒にいて楽しそうだから。」というのが理由で、他のレギュラー出演者もローラに対してニコニコ顔だった。

ただひとり名倉潤(ネプチューン)だけは冷めた目で彼女を見ていた。「あ〜、ツイテいけない。」感が、全身から溢れていたのである。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】
「カッコイイ人!と思った」。渡辺満里奈と名倉潤が結婚したいきさつとは?
一度だけ、名倉を怒らせたホリケン。名倉の顔面に何をした?
子供の学校行事が悩み。黒夢・清春はタトゥー見せられず年中、長袖。
中谷美紀が罵倒され続けて、ホステスに転職を考えた。
嘘だらけのピン芸人時代。ピース・綾部祐二、恥ずかしい過去に赤面。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!