DeNAと提携したレベルファイブ!レイトン教授だけではないその真の姿に迫る
ケータイ向けゲームプラットフォームでトップを走るDeNAが、ゲーム界の新たな旗手として知られるレベルファイブと業務提携した。
今後、ソーシャルゲーム事業においてグローバル展開も進めていくが、その第一弾として「レイトン教授」シリーズと「ロワイヤル」シリーズのコラボレーションタイトル「レイトン教授ロワイヤル」をフィーチャーフォン向けに2011年秋に、その後、スマートフォン向けにも提供するという。

DeNAは先日、公正取引委員会から排除命令を受けたばかり。そのマイナスイメージを払しょくしたいと考えているのだろう。そのひとつとして、レベルファイブとの提携を進めたのかもしれない。
そのレベルファイブとは、どんな会社なのだろうか。

レベルファイブの名前が知られるようになったのは、人気RPG「ドラゴンクエスト」を開発していたためだろう。現在でこそ、スクウェア・エニックスは、「ドラゴンクエスト」「ファイナル・ファンタジー」という2大RPGを開発提供している会社だが、元はスクウェアとエニックスという別会社だった。
スクウェアは生粋のゲーム会社といえるが、エニックスはセガやカプコンといった一般的なゲーム会社とは少し異なる。開発に関してはプロデュースのみを行い、ゲーム開発は外注しているのだ。「ドラゴンクエスト」は、当初チュンソフトという会社が開発していたが、VIII以降はレベルファイブが担当している。

レベルファイブのヒットゲームで筆頭にあげられるのが、今回のコラボタイトルの元となっている「レイトン教授」だ。そのドル箱タイトルをDeNAに提供することになる。
レベルファイブのことをゲーム界の新たな旗手としたが、それは、いままでのゲームの概念を打ち破るものが多いためだ。

RPG「ニノ国」ではアニメパートをスタジオジブリに依頼し、話題となった。さらに流通のさまたげになりそうなほどの分厚い魔法の解説書「マジックマスター」を同梱した。このパターンは、RPG「ダンボール戦記」にも当てはまる。こちらは、オリジナルのプラモデルを同梱している。
この「ダンボール戦記」は、ゲームと同時にアニメもスタートさせた。アニメへの展開で成功した例としてはサッカーゲーム「イナズマイレブン」がそうだ。
アニメといえば、最新ガンダムに企画協力している。ただしこちらは、ゲームと同時ということではなさそうだ。

今回、DeNAと業務提携を行っているが、オリジナルでケータイ向けのゲームサイト「ROID」も展開している。
さらに、レイトン教授は、カプコンの人気ゲーム「逆転裁判」とのコラボレーション企画も進んでいる。

こう見ていくと、レベルファイブにとっては、DeNAとの業務提携は、事業展開のひとつに過ぎないようにも思えてくる。レベルファイブは今後も、さまざまな戦略を立ててきそうだ。

レベルファイブ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■ゲーム関連の記事をもっと見る
本体の更新日が明らかに!ニンテンドー3DSがWebブラウザ対応へ
クレジットカード情報も流出か!ソニー、前代未聞の大失態
ソーシャルゲーム市場に新展開!ドコモとDeNAが業務提携した訳
ソニーが選んだ新たな道!携帯ゲーム機「NGP」の戦略とは【ITフラッシュバック】

レイトン教授と奇跡の仮面(特典なし)レイトン教授と奇跡の仮面(特典なし)
販売元:レベルファイブ
(2011-02-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る