第5回目となる国際消費財見本市「インテリアライフスタイル・チャイナ」が、来る10月12日(水)〜15日(土)、上海展覧中心にて開催される。
年々華やかさを増す「インテリアライフスタイル・チャイナ」であるが、今回もドイツのWMF、フランスのLe Creuset、アメリカのWorld Kitchen、キッチン用品のブランドではイタリアのGuzzini、食器のブランドではフィンランドのIitallaなどのライフスタイルブランドが出展を表明するなど、前年比で12.5%増となる1万8000平米の展示スペースで展開される。また第5回目を記念して、最も影響力のあるドイツ人デザイナーとして知られるコンスタンチン・グルチッチ氏が、デザイン・フォーラムで特別に講演する。この他にも国際的なデザイナーグループを招待し、彼らの革新的なデザイン作品の展示や講演を展開する予定。

メッセフランクフルト社・消費財部門の統括部長、ニコレット・ナウマン氏は、インテリアライフスタイル・チャイナについて、「今回、このように素晴らしいデザイナーを迎えて開催できることを誇りに思います。そして、本見本市の5 周年記念を、クオリティの高いブランドやデザイナー達と共に祝えることが大変楽しみです。これにより、中国における国際的なインテリア・デザイン製品のためのビジネスプラットフォームの必要性は、さらに高まるでしょう」と語っている。