17日、韓国江華島付近の小島で警戒にあたっていた韓国軍の兵士2人が、民間機を北朝鮮の空軍機と誤認し、ライフル銃(K2)で約10分にわたり発砲するという事件が発生した。この問題は、韓国メディアも大きく取り上げ、専門家の分析などを加え報じている。

韓国メディア「ノーカットニュース」によると、中国紙「新京報」は20日、『韓国軍は誤認射撃をした兵士を罰しないことにした』というタイトルの記事を掲載。軍事評論家の中国軍事科学院、張博研究員の発言を引用し、「この事件は、周辺路線を通過する航空会社らに、飛行の安全と協力について留意させただけでなく、韓国前方軍隊の戦闘力と対応能力、報告体系などへ強い関心を向かわせた」と伝えたという。

張博研究員はさらに、「K2小銃は韓国軍が自ら開発した優れた性能を持つ攻撃用小銃で、銃弾が旅客機に目中しなかったことは非常に幸い」と述べながら、「一方で、K2小銃の射程距離や兵士たちの射撃能力が限界だということを示した」と説明。「2人の兵士が10分間99発の弾丸を発射したが、すべて外れた」「兵士たちが10分の間、状況について上層部へ連絡したのか、なぜ正確な判断をしなかったのかいまだ明らかになっていない」と話したという。

また、中国紙「環球時報」も20日、『旅客機射撃事件が韓国のメンツをつぶした』というタイトルの記事を掲載し、「韓国の防空レベルが疑問視されている」「南北対峙により草木さえも敵の軍隊に見えるようだ」と皮肉ったという。

中国紙の報道について、一部の韓国人ネットユーザーは反発しているものの、多くのユーザーが「中国からもこんなこと言われるとは」「国際的な恥さらしだ…しかも真実は五里霧中!」「ネットゲームと勘違いしたんだろう」などと韓国軍を非難するコメントを書き込んでいる。


参照:「民間機誤認射撃、韓国軍の能力の限界」中国専門家 - NOCUT NEWS
参照:中、民間機誤認射撃にあざ笑う - TVDily

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。