「女子会」と呼ばれる飲み会や食事会が注目を浴びていることから、調査会社のクロス・マーケティング(東京都中央区、五十嵐幹社長)は、関東地区(東京、神奈川、千葉、埼玉)在住の25〜44歳女性で1年に1回以上お酒を飲んでいる600人を対象に、「外食時の女性の飲酒」に関する調査を実施した。

 調査結果で、飲酒女性が外食時にお酒を飲むシーンでは、「記念日(49.8%)」が最多となった。

 一方で、女性の8割以上が外食時にあえて飲酒しないシーンもあることが分かった。お酒を飲まない外食シーンは「女子会(ママ会)(41.0%)」が最も高い。
 
 飲酒しない理由は、約半数の人が翌日への影響を考慮し、その際は食事を楽しみ、料理を堪能するために「水」や「お茶」を選ぶ傾向にある。

 また、お酒が好きな女性は84.3%と高いものの、半数の人が5年前と比べて飲酒の頻度が減ったと感じている。

 近年、飲酒女性は女子会などで目立つ存在になってきているが、意外にも!? ”節度ある”飲酒傾向にある実態が明らかになった。見習うべき男性も多いことだろう・・・。

 調査は、同社がインターネットリサーチで5月18日〜5月23日の期間、実施した。

婚活、就活、転職で避けて通れない喫煙問題
働く女性のストレス 「香り」に敏感に
アラサー未婚女性の食生活 食べ過ぎや野菜不足が心配

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。