松前皐月、喜翆荘に行く(画像:amazon.co.jpより)
(C)花いろ旅館組合


TVアニメ「花咲くいろは」第12話が放送されました。

夜の東京で松前緒花(まつまえおはな、CV:伊藤かな恵さん)は迎えに来た鶴来民子(つるぎみんこ、CV:小見川千明さん)と宮岸徹(みやぎしとおる、CV:間島淳司さん)に出会います。緒花の母、松前皐月(まつまえさつき、CV:本田貴子さん)が旅館レビューの雑誌で喜翆荘の低評価の記事を書いた件を2人に告げ、緒花は皐月を喜翆荘へ連れて帰ると提案します。徹は条件付きで承認しますが、その条件とは種村孝一(たねむらこういち、CV:梶裕貴さん)も喜翆荘へ連れて来ることだったのです。

緒花が孝一を探している間、民子と徹は東京の名店(飲食店)をまわって舌で味を覚えるよう動きます(どれも美味しそうですがさすがに一日何件も梯子するというのはきつそうです)。

結局、緒花が孝一を連れていくことは出来なかったのですが、なんと皐月は自ら喜翆荘へ行きたいということで問題は解決。

インタージェンジの休憩所で皐月は徹に喜翆荘の記事を書いた心の内を話します。「本質は何も変わらない。そして本質が重要。」と…。

私も一応ながらライターなので様々な記事を書きますが、物事の本質を書くということは本当に難しいものです。たとえ昔から関わっている事象でも状況は常に変化しているものです。それがいつのまにか変化していることはよくあることなのです。そのため記事を書く場合は過去はどうであったのか、現在どうなっているのかということの確認が重要なのです。

次回の「花咲くいろは」は「四十万の女-傷心MIX-」です。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
「花咲くいろは」TVアニメ版公式Webサイト
花咲くいろは 1 [Blu-ray]

■関連記事
【コミック】「ぴくぴく仙太郎」を読む。
【初音ミク】AKIBA No.1!!!で行われたパブリックビューイングに行ってきました。【前編】
「とある科学の超電磁砲」ヒロインたちの可愛いA6リングノート発売
まど☆マギ キャラクターたちのA6リングノート発売
【懐かしいアニメ特集】「ぽぽたん」を考える。