ファミコン時代にはゲームをコピーしてくれるゲームショップがあった

写真拡大

マジコンは『ニンテンドーDS』で生まれたものではなく、ファミコン時代から存在していました。その事実は『マジコンはファミコン時代から存在していた』という記事でもお伝えしたとおりです。マジコンは、ゲームをコピーして、ゲームソフトを所持していなくても遊べるようにしてしまう違法性の高いゲーム周辺機器です。

ですが、ファミコン時代にはマジコンを使った商売があったのを知っていますか? なんと、ゲームコピー屋が存在していたのです。ファミコンのゲームをコピーしてくれるお店です。スーパーファミコンのゲームをコピーしてくれる店もありました。

とはいえ、ゲームコピーだけをして商売をしているのではなく、中古ゲームショップが「ゲームをコピーするサービス」を商売にしていたのです。手元には無数にゲームソフトがあるわけですから、コピーし放題だったわけですね。

パソコンゲームのコピーが横行していた時代ですので、店も客も悪いことをしているという罪悪感はあまりなかったのかもしれません。しかしスーパーファミコン後期になるとゲームソフトの内部チップが特殊になっていったため、コピーするゲームが少なくなっていき、どんどんコピーサービスをするゲームショップが消えてしまいました。

■関連記事
不動産屋に聞いた豆知識「ネットで激安物件があったらチェックすべき点」
3D映画を観て映像にガッカリしたときは「2D→3D変換映画」を観た可能性が高いです
ドコモのドコモダケ、ソフトバンクのお父さん犬、そしてauシカ
『ジョジョの奇妙な冒険』杜王町と『魔少年ビーティー』の共通点が多すぎる件
ジョジョの奇妙な冒険・ジョナサンの名前の由来はファミレスの『ジョナサン』