韓国・Galaxy Gateが手がけるMORPG「ロエンテイル」今夏サービス決定
オー・ジーエンターテインメント株式会社は、同社が運営するMMORPG「KAROS ONLINE」の開発元でもある、韓国のGalaxy Gateが同じく手がけたMORPG「ロエンテイル」の、日本独占配信権を獲得したと発表

本作は、「ダンジョンギミックの要素充実」と「カジュアルアクション」「コミュニティ機能の充実」をコンセプトとして開発された、ファンタジーMORPG。既に台湾ではサービスされており、今回日本向けに完全リニューアルが行われ完全最新作「ロエンテイル」として日本では展開される。
なお、既に海外でサービスが開始されていることもあり、キャラクター衣装などは700種類以上が用意されているほか、その他の基本システムも充実。

日本でのサービス開始は、2011年夏を目指し現在準備が進められている。

●関連URL
▼コーポレートサイト

http://company.oge.jp/

■関連記事
「アトランティカ」、ダンジョン『ヘラクレスの冒険』と『赤い精霊の森』実装
MMORPG「Magic World Begins」種族、職業情報を公開
Wiiウェア「うしみつモンストルオ」発売日を8月23日に延期
「ラグナロクオンライン」史上最大の報酬経験値イベント限定開催
「レイトン教授」ブランドを初のソーシャルゲーム化、Mobageから世界に発信