(c)尾田栄一郎 / 集英社・フジテレビ・東映アニメーション
東京、大阪で20万人以上を動員した史上最大のワンピースイベント「ワンピースドームツアー」の3会場目となる札幌ドーム公演が6月17日に開幕した。
札幌公演初日は、平日にも関わらず、早朝から熱心なファンが列を作った。

初日のステージにはこれまでのテレビアニメの主題歌を担当してきた、きただにひろし、The ROOTLESSの2組のライヴと、ナミ役の岡村明美、フランキー役の矢尾一樹によるトークショーが開催された。また、札幌市内が一望できる札幌ドーム展望台にも一部展示を配置し、来場者に無料開放しているほか、札幌ドーム会場ではアリーナエリアの広さを活かし、日産自動車「サウザンド・セレナ号」の展示や飲食ゾーンの設置など、これまでには無かった会場レイアウトを展開している。

地元北海道出身のThe ROOTLESSのボーカル野畑慎は「ルフィが夢を追いかけて航海に出たように、僕もいつか札幌ドームのステージに立ちたいという夢を持って上京した」と熱い思いを語った。

「ワンピースドームツアー」札幌公演は6月19日まで。開館時間は午前10時から午後8時(最終日は午後6時)。前売券入場者には札幌会場限定の特典と、入場者全員にワンピース新聞が配布される。また「こども券(3歳〜中学生)」には、各日先着1,000名にこども限定グッズもプレゼントされる。

ワンピースドームツアー
(c)尾田栄一郎 / 集英社・フジテレビ・東映アニメーション



■関連記事
MMORPG「Magic World Begins」種族、職業情報を公開
Wiiウェア「うしみつモンストルオ」発売日を8月23日に延期
「ラグナロクオンライン」史上最大の報酬経験値イベント限定開催
「レイトン教授」ブランドを初のソーシャルゲーム化、Mobageから世界に発信
イカ娘を釣らなイカ?「侵略!イカ娘」のミニゲームアプリが発売